ごきげんようチャンネル


"Obama got in, and he is the pawn of globalized interest." Naomi Wolf



ヒッグス粒子発見!? 仮説を検証するという「くり返し」の知恵
ヒッグス粒子の存在が確認されたか?

これがずいぶん話題になっているが、スイスのCERNは、まだ公式見解ではない("It's unofficial.")と、かなり慎重な態度をとっている。

去年の九月ごろに、光より速いニュートリノ発見!といったん発表したが、けっきょく観測上の誤認だったという話になってしまった。そのぶん、今回は断定に慎重になっているのかもしれない。



The discovery of the Higgs particle ranks as one of the most important scientific advances of the past 100 years. It proves there is an invisible energy field that pervades the vacuum of the known universe. This field is thought to give mass to the smallest building blocks of matter, the quarks and electrons that make up atoms. Without the field, or something like it, there would be no planets, stars, or life as we know it.

http://www.guardian.co.uk/science/2012/jul/04/higgs-boson-cern-scientists-discover




ヒッグス粒子の「発見」の報道をみていて感じたことをいくつか。

◯ 「大発見」というと、「ユーレカ!」(アルキメデス)と躍り上がって叫ぶという光景が思い浮かぶ。

今回の発表でも、会見会場は拍手と口笛で祝賀的な雰囲気に包まれ、ヒッグス氏は涙をふいたという。


At the end of the announcement, the room erupted into a standing ovation of whoops, cheers and whistles. Peter Higgs, reached for a tissue and wiped a tear from his eye.

http://www.guardian.co.uk/science/2012/jul/04/higgs-boson-cern-scientists-discover


「大発見」にはこういう興奮がつきものといってもよい。たとえば線文字Bの解読やヒエログリフの解読でも、「わかった!」という瞬間にはヴェントリスもシャンポリオンも興奮に包まれたという。

ただ、今回もそうであるように、大発見のあとには慎重な検証が必要であることが多い。ほんとうに大発見なのか、冷静に確認する必要がある。

私も似た経験があって、英語の音素が美しい配列をかたちづくっていることを発見したときは興奮したが、本当にこれでよいか確認するのに何ヶ月もかかった。




◯ 大きい発見とは、新しい研究分野を開く発見のことであるということ。今回のヒッグス粒子の件は、重要な仮説が実証されたというだけでなく、新しい研究分野が大きく開けたことを意味するという。

湯川秀樹の中間子論も仮説であったが、仮説が実験によって検証されたことで新しい研究分野が開けた。その功績が大きかったという。

DNAの二重らせんの発見も、分子生物学を発展させる画期になった。

祭りのあとに静かで充実した時間がやってくるのと同様、これから量子物理学の世界に充実した期間がやってくるのだろう。




じつは、社会科学・人文科学の分野でも仮説を検証する実験は可能である。

社会主義はマルクス主義の仮説を検証する実験であったともいえる。学校での英語教育は学校文法の有効性を検証した長い実験であったともいえる。

仮説とその検証のくり返し。

観念のレベルでも "History repeats itself." という命題は妥当する。

そして人間が偉大になりうるとすれば、すぐれた新しい仮説をうちたてる知恵と、それを検証する勇気と実行力をもつときなのだといえる。










| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 今さらながら現代サイエンス | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
銀河を実写

ハッブルがとらえた美しい系外銀河.   通称UFO.


http://www.time.com/time/photogallery/0,29307,1984100_2344299,00.html



The Hubble Space Telescope is completing its 22nd year in space
| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 今さらながら現代サイエンス | 10:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
必見! 宇宙の彫刻
同じくTIME の写真集からもう一枚.

宇宙の塵が背後から照らされてこう見えるのだという.

その高さ9.5光年!







Nebulae












| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 今さらながら現代サイエンス | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
必見! 宇宙のブルー花火

最近のTIMEで見つけた写真。

宇宙花火 cosmic pyrotechnics と題する写真集の一枚.

この不思議な星雲の青い光は酸素の分子だという.

左下の白い光はさらに遠くにある銀河.



Nebulae








| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 今さらながら現代サイエンス | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
驚かせていただきました:素粒子は6種類、英語の概念パターンも6種類! おわり

photo


シロチョウ類の標本. 美しいが、このように集めて整理しただけでは
本格的な「科学」とは呼べない.

http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/collection/materials/insect.html


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

偶然ついでに、ひとつ嫌味を。

益田氏は、現代の科学を甘く考えてはいけないという主旨を、次のように遠回しに言っている。

「基礎的であればあるほど、その応用性・適用性は高いのです。基礎のところがわかっていれば、その上部構造というか、そういうものに適応していくことはむずかしくないし、可能になっていく。」133頁。

物理学でいえば、高度な数学という基礎に習熟してはじめて研究者になれる。それなしであれこれ述べても科学とは認められない。

そして基礎的な成果ほど実用までに時間がかかるが、応用範囲は広い。

「基礎的であればあるほど、科学は人類に対してより多くの自由を提供してくれる。そういう関係にあるのだということです。だから、みなさんが社会に出て活躍の場を求めようとするときには、やはり基礎からきちんとした知識を身につけておかないと役には立たないのです。」(益川敏英『素粒子はおもしろい』岩波ジュニア新書、2011年、133頁)

英語の研究でも同じである。

あれこれの現象を集めて陳列台にならべ、感想文をつづっても、現代では科学とは呼ばない。せいぜいそれは昆虫採集である。

たしかに、かつて昆虫採集は科学の第一歩であった。

しかし自然科学の世界では昆虫を昆虫のまま陳列して満足する時代はすでに終わり、物理学は素粒子、生物学はゲノムの時代に入っている。

言語学はいまだに昆虫採集段階にある。

だから言語の研究に自然科学分野の研究者が参入してこないのだ。







(おわり)






 
| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 今さらながら現代サイエンス | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
驚かせていただきました:素粒子は6種類、英語の概念パターンも6種類! その2


クォークでは上段がプラス、反クォークでは逆に下段がプラスの
電荷になるらしい.

http://www.google.com/imgres?q=反粒子&num

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

「6」が素粒子の基本数だというだけではない。

もう一回私が「お!?」と思ったのは、6つのクォークは

アップ(u)とダウン(d)
チャーム(c)とストレンジ(s)
トップ(t)とボトム(b)

という風に、二つずつ三つのペアになっているという部分である。76頁。

じつは私は、<英語の6つの概念パターンは二つずつ三つのペアになっている>と書いたのである。

素粒子がペアになっている理由や、どういう風にペアなのか、私にはよくわからないが、とにかく<二つずつ三つのペア>という形式は偶然ながら英語と一致している。

さらにいえば、前述の6種類のレプトンは英語の概念の6つの延長パターンと対応し、12の反粒子というのは12の基本文の否定形と考えれば、出来過ぎではないかと思うくらい、素粒子と英語の基本文はよく似ている。

ここまでくると、<なぜ自然界の素粒子は6つが基本なのか?>という根本的な疑問が浮かぶ。

この点について本書は、

「なぜ6つかという理由が明らかになっているわけではありません。それは今後の課題です。」75頁。

と書いている。

私も、英語の概念パターンがなぜ6つなのかはわからない。しかし、表現対象となる実体が二つまでのケースでは、実際に運用してみると6つのパターンで不都合なく表現できる。なにかの合理性が「6」という数字に込められているらしい。

(英語の6つの概念パターンがどういうものかについては、複雑になるのでここでは書けない)







(つづく)







| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 今さらながら現代サイエンス | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
驚かせていただきました:素粒子は6種類、英語の概念パターンも6種類! その1


素粒子の構成の概念図.

左上の6個がクォーク.

http://www.google.com/imgres?q=クォーク&um


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

現代科学を知らないのはもったいない。

それは発想の宝庫でもあるからだ。

益川俊英『素粒子はおもしろい』(岩波ジュニア新書、2011年11月)

を読んでいたら、思わず「お!?」と声をあげてしまった。

「素粒子に含まれるのはクォークとレプトンだけです。クォーク6種類とレプトン6種類をあわせて12種類。どれにも反粒子がありますからそれが12種類。あわせて24種類が素粒子のすべて」4頁。

この記述のなかの「6種類」という基本的な数を益川氏は1972年に予言し、それが2002年になって実験的に実証されたことで、2008年にノーベル賞を得た。

素粒子が基本的に6種類に分かれることも知らなかったが、私が「お!?」と思ったのは「6」という数そのものである。

手前味噌だが、私は<英語の基本文の背景にある概念構成のパターンは6通りである>という論文を書いたばかりだったからだ。








(つづく)











| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 今さらながら現代サイエンス | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2013年5月ころ強い太陽嵐か <宇宙天気予報>の時代へ
このあいだタクシーに乗ったら、よくしゃべる運転手さんが「2013年の5月には太陽がね…」と熱心に来年の話をしてくれた。

ちょっと気になっていたのだが、LIFE誌の2011年総括号を見ていたらまさしくその話が載っていた。

"It is predicted that 2013 will be a time of heightened solar activity.  Whether this will result in a blip in the broadcast, burnt-out electrical wires, nothing at all or the end of the world is being discussed online. " LIFE, vol.11, No.17, December 9, 2011, p.11.

パニック映画さながらの<宇宙予報>に触発されて、かなりのうわさが流れているらしい。

調べてみたら京都大学のサイトに専門家の説明があった。

現在、太陽黒点活動は徐々に活発化しており、黒点の発生数は2013年ごろ次の極大を迎えると考えられています。

こうした太陽活動の高まりに伴ってしばしば太陽表面でフレアやコロナ質量放出などの太陽嵐が起こりますが、その影響が太陽風の擾乱などとして地球まで伝わると、地球周辺の宇宙環境は磁気嵐などの激しい嵐に襲われます。

その結果、人工衛星、通信、地上電力網などに深刻な障害が発生する場合があります。

こうした宇宙の嵐を原因としたさまざまな被害を未然に防ぐためには、「宇宙の天気」の予報、すなわち「宇宙天気予報」が不可欠です。しかし、太陽と宇宙空間の複雑な変化を正確に予測する方法論はまだ確立されていません。」

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2009/100315_1.htm

大型ハリケーンを上回る被害も予想されるので、アメリカでは科学者だけでなく政治家なども集まって対策を準備しつつあるという。

このことを「世界の終わりの始まり」などというのは慎みたいが、NASAの専門家が「地上の天気だけでなく、宇宙天気 space weather が日常生活に影響を与える時代の幕開け」と語っているのが印象的だ。

"I believe we're on the threshold of a new era in which space weather can be as influential in our daily lives as ordinary terrestrial weather." Fisher concludes. "We take this very seriously indeed."


http://science.nasa.gov/science-news/science-at-nasa/2010/04jun_swef/







| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 今さらながら現代サイエンス | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「数を作れ、数で語れ」 おわり






犬は自力で前へと進む力をもっている. この力の存在を描写するのが進行形.
進む犬を後ろに引っ張ると均衡する. この力の均衡を描写するのが受動態. 
進行形は受動態とペアである.


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


面白いのは、実体について述べるとき、質(→形容詞)よりも量(→動詞)のほうが述べやすいし実際に言うことが多いということである。

表現は複数の実体どうしの関係を対象にすることが多い。そうであるほど、前提として対象と話者が<この場合はどのような時間的関係にあるか>を具体的に述べておきたいという欲求がはたらく。

そして時間的関係は量的(動的)に把握しやすいし、量的な関係は表現が類型的ですむので表現しやすい。

この部分を担うのが言語における時称の表現である。

もちろん、言語では対象じたいの動態も表現する。これが動詞の本体であって、それは対象がもつ動的な質の表現である(たとえば同じ1キロの移動でも walk とdrive では移動の質が異なる)。

多くの言語で動詞は時称表現も担うが、動詞の本体は対象じたいの動的質に関する表現であり、対象と話者との時間的関係である時称とは区別しなければならない。

他方、対象の静的な質については動詞で表現すれば足りる場合もあるし、対象を指定した段階ですでに了解できていることも多い。

こういうわけで、<量=動態=時称+動的質>の表現は言語にとって必須になっているのである。








(おわり)






| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 今さらながら現代サイエンス | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「数を作れ、数で語れ」 その7





表現は簡略化≒割り算するほど軽くて扱いやすい次元へと移行する.



∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


最近号の『ニュートン』に、光速c

c=299,792,458m÷1s

のことだと大きく書いてあってハッとした。

誰でも知っているような式なのだが、あらためて見るとちょっと不思議である。

1秒という単位で割るだけで299,792,458 という数がメートルから速度へと一変している。

ここでは

<距離という実体を時間で「割る」と、光速という動態が表現できる>

という三者の関係が表現されている。

割り算で別概念が生まれるという数の世界の現象は、言語における実体、動態、状態という認識の多面性と類縁性がありそうだ。

①対象の選択  りんご、ボール、犬といった対象の特定。対象をその時・その場において具体的に認識するには質と量を特定する必要がある。

②対象の量 1、二、IIIといった「対象の数量的な属性」(畑村前掲書、iii頁)。量を表現するには、どの質にかんする量かを特定する必要がある。

③対象の質 速度、時間、距離といった「対象の質的な属性」(同前、iii頁)。数の場合、単位は「質的な属性」である。

畑村氏は

「これら三つの構成要素を全部そろえて『数(かず)』を作ったときに初めて、物事の数量的な属性を記述できる。…『数』を作ることで初めて、物事から得た知識を人に伝え、人と共有することができる。」iii頁。

と書いているが、これは言語において実体、動態、状態の三大語彙が必須であるのと似ている。

そして距離を時間で割ると速度になるように、実体を時間で割ると動態、動態を時間で割ると状態というように、三大語彙は相互移行の関係にあるのではないか。







(つづく)










| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 今さらながら現代サイエンス | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
#誰が書いてるの?
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック