ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


"I can speak Dutch!" サムライ英語に学べ その1

明石康・NHK「英語でしゃべらナイト」取材班『サムライと英語』(角川書店、2004年)

なかなかおもしろいエピソードが書いてある。

■サムライが話したもっとも古い英語は、

"I can speak Dutch!"

だった。32頁。

これはペリーの黒船に小舟で近づいた幕府の通詞・堀達之助が叫んだ言葉。

堀は少し英語が話せたらしいが、英語で話すと交渉上不利になるし、かといって何語で話せばいいかも不明だったため、フランス語なども試したあとでこう言ったらしい。32頁。

オランダ語なら話せるぞと英語で叫んだところがちょっとユーモラスだ。

このように、相手と対等の立場で話そうとするサムライの戦略を、すぐれた外交センスのあらわれと本書は賞賛している。実態がどうだったかはよくわからないが、ペリー一行とわたりあったサムライに魅力があったことは確からしい。

帰国後のペリーが残した文章が印象的だ。

「世界のどこでも、ヨーロッパですら、日本人のように自然な優雅さと威厳をもつ人に会ったことがない。ことに身分の高い人々の物腰はみごとであった。 I have never met in any part of the world, even in Europe, with a people of more unaffected grace and dignity, and especially in the bearing of the nobility.」62頁。

冒険行の記録にはしばしば誇張した表現がみられるものだが、上記はおそらくペリーの本音だっただろう。

今も残るサムライの写真をみると、彼らは姿勢がよく、無表情だが気品がある。

ひいき目かもしれないが、いまの日本人にも「自然な優雅さ unaffected grace」があるように思う。

少しぐらい英語が話せることよりも、態度の優雅さのほうが印象に残ることがあるのだ。

なお、ペリー(1794‐1858)は、まだ二十代だったころにアメリカの黒人奴隷をアフリカに帰還させる運動に参加したことから、今日のリベリア建国の功労者とされている。たしかリベリアの女性指導者に同姓のペリーPerry がいる。また、メキシコで施政官のようなことをしていたこともある。

沖縄や日本にやってくる前にぺりーが世界でこうした経験を積んでいたことは案外知られていない。のちに日本を占領統治したマッカーサー将軍も戦前フィリピンで植民地統治の経験を積んでいた。






(つづく)









| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語ブックス・どれどれ塾 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本にするとおもしろくないキャッチフレーズたち

ピーター・ヴァンダイク、スキルマン・H・圭子著『アメリカ・キャッチフレーズ傑作選』(創元社、1992年)

アメリカで知られるキャッチフレーズを集めた本。

めぼしいところをメモすると、

A mind is a terrible thing to waste.  大学奨学金を集める団体のスローガン。

Virginia is for lovers. バージニア州の観光宣伝フレーズ。 I love New York.と並ぶ観光系の傑作。

Every dream has its price.   映画の宣伝コピーから。

It could happen to you.  コメディー映画の宣伝コピー。「仮定法」の例文に使えそう。

In God we trust. All others pay cash.  神さま以外は信用しません、みんな現金で払ってね、というバーのカウンターの掲示。ドル通貨をみたことがある人なら、In God we trust.のフレーズはおなじみ。

You break it, you buy it.  壊したら買い取ってもらいます。店の掲示。itの強い指示性が効いている。

Service with a smile.  店の掲示。うちの店員はずっとニコニコしていますという意味ではなくて、お客さんと接するときに「にっこりします」という意味でsmileにaがついている。

Buy one, get one free.  店頭の掲示。一個買ったらもう一個あげます。get one freeは、いわゆる第五文型タイプのダイナミックな表現で、英語らしいスピード感がある。

Guns don't kill people. People kill people.  有名な圧力団体・米国ライフル協会のスローガン。表現はうまいがどこか責任逃れ。

Flower power.  60年代ヒッピー世代を象徴するフレーズ。

Be all that you can be.   米国陸軍の兵隊募集用フレーズ。ベトナム戦争後のものらしい。兵隊でなくても使えそうな力強い表現。

The few. The proud. The Marines.  米国海兵隊の募集フレーズ。スタッフにこういう言葉で檄を飛ばしたらかっこいいかも。

He died with his boots on.  西部開拓時代の墓碑銘。坂本竜馬が好みそうなフレーズだ。

The good die young.  墓碑銘。文型としておもしろい。応用して、The bad live rich.(悪い奴ほど金がある)、The uncomely speak loud. (不美人ほどやかましい)とか言ったらちょっとおしゃれかも。



以上、まあまあおもしろいけれど、どれも行儀がよくて、思ったほどの「切れ」はない感じだ。

私がアメリカのトイレでみかけた落書きに、Why do the Jews have a big nose?   Because the air is free.  とかいうのがあった。ユダヤジョークの一種で、ちょっと「切れ」があるけれど幼稚な偏見なので、こういうものは本にはできないだろう。

本という額縁に入りそうなキャッチフレーズをさがすと行儀がよくなるし、そのフレーズが使われた当時の生き生きしたライブ感が失われる。だからパンチ不足になるのだろう。






| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語ブックス・どれどれ塾 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「頭に書いてあることを音読せよ」  おわり

しかし、「英語で九九」が垣間見せている可能性は無視できないと私は思う。

九九は誰にとっても物ごころついてから習得するものである。外国人が九九のようになめらかに「頭に書いてあることの音読」221頁ができれば、それは<英語を自然に話す>ことに近い。

ところが問題は「頭に書いてある」ことにある。それは<認識>の段階なので、ほんらい音声にも文字にもなっていない。この<認識>こそ言語の科学を困難にしているものの正体である。

認識の構造は言語によって異なる。これはコンピュータのプログラムに似て、数字や記号そのものではなく、作動することでそのつど発現する命令の集合であって、それじたいは目には見えないし、音にも聴こえない。

しかし、「目には見えない」「聴こえない」とばかり言っていてもはじまらないから、それをなんとかして文字や音声にして伝達する必要がある。たとえば言語過程説による論文は、この無意識のプロセス(認識過程)を文字で表現する試みである。

こうした試みによって無意識のプロセスをくりかえし意識的に練習できるようになると、やがてこのプロセスをほぼ無意識にたどれるようになる。

プロのテニスプレーヤーが無意識に行っているバックハンドの動きを言語化して認識し、意識的に練習するうちに自分も同じような動きが無意識にできるようになる。意識することで無意識化できる。

これが外国語を話せるようになるメインルートなのである。

以上を考慮すると、「英語で九九」に近い「究極の英語学習法」は次のようなものになるのではないか。



英語を話せるということは、<対象→認識→表現>という英語の言語過程を安定的かつ幅広く貫徹できるということである。

英語の言語過程の育成は、実践的には三つの部分に分けて訓練する。

I 対象の根幹部分を英語の規範によって認識する部分。関係詞(いわゆる代名詞)、判断辞(have, do, be)、時称、助動詞、前置詞、接続詞、比較。Mind Linksの分野。

II 認識を具体的な文に仕上げる部分。名詞、冠詞、動詞、形容詞、副詞、文型。Wing Iconsの分野。

III 仕上げた文を音声表現にする部分。Sound Stepsの分野。

上記の訓練は三つの側面から成る。

 ̄儻譴鬚弔う表現主体が対象をどう認識し、それをどう表現しているかを徹底的に理解する側面。これは母語でおこなってよい。STUDYの側面。

↓,鬚りかえしたり、,鯊場にして英語の表現を反復したり応用したりして、汗を流して練習する側面。STUDIOの側面。

,鉢△鬚發箸法△犬辰気い某輿でパフォーマンスする側面。STAGEの側面。



著者は、「頭に書いてあることを音読する」という発想は「ほとんど手つかずと言ってもいい。しかし、これが今後の英語学習法研究の核心部分であるということを私は確信している」という。219頁。

もちろん、「英語で九九」の発想だけで英語の表現がカバーできるわけではない。九九のように日本語と英語が内容・語順とも類似した表現はそう多くないし、発音については別個の訓練が必要だからである。

もともと日本語と英語は言語過程が違うのだから、英語をやるなら英語の言語過程そのものが貫徹できるようにする以外に道はない。

しかしその言語過程は、たしかに「頭に書いてあることを音読する」ことに近いのだ。

要は、九九を唱えるときのようになめらかな英語の言語過程(対象→認識→表現のプロセス)を、いかにして個人のパフォーマンス力として養成するかということである。著者は英語ベストセラー本の分析を通じて、この当然ともいえる正当な結論に達したようだ。

そして英語のパフォーマンス力の前提は、著者も言うように英語の言語過程の科学的な解明である。





(おわり)








| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語ブックス・どれどれ塾 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「頭に書いてあることを音読せよ」  その4

疑問というのは、英語の九九の「テキストは頭の中に書いてある」し、それを「音読」すればいいと単純に述べている部分である。221頁。

おそらく 9 times 6 is 54. といった英文は内容が算数なので言語の違いに無関係に理解でき、語順も日本語の九九と同じだし使う単語も簡単なので、これなら英語という意識なしで(つまり日本語と同じ感覚で)すぐに唱えることができるという意味だろう。

著者は、(英語の≒日本語の)九九は「目や耳からではなく脳から来る言語情報」であり、それを「即座に口に出していうとき、着実にブローカ野が鍛えられる」とも述べている。219頁。

この発想についての疑問点は、

‘睛討筝貊腓同じであれば<対象→認識→表現>の言語過程が同じとは限らないのではないか。対象を認識するプロセスは違うはずだし、まして認識を表現するさいの音声化のプロセスには大きな違いがある。つまり九九は日英の表現が結果的に似ているが、われわれにとってはじめから英語の九九の「テキストは頭の中にある」わけではないし、たとえそれを「音読」しても、そのプロセスが日本語風の発音であれば英語の表現をしたことにはならない。

著者に限らず、言語の訓練を「脳を鍛える」ことに置き換えようとする人がいるが、本末転倒ではないか。人が直接鍛えることができるのは目や耳などの感覚器官や筋肉であって、誰も脳を直接鍛えることはできない。じっさいは目や耳を鍛えることで脳も発達するというべきではないか。

つまり、厳密にいえば英語の九九は日本語の九九と同じではないし、それを音読しても英語の「脳が鍛えられる」という保障はない。





(つづく)





| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語ブックス・どれどれ塾 | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「頭に書いてあることを音読せよ」  その3

■本書でいちばん興味深かったのは「英語で九九」の話。

「英語で九九を言ってみよう。

テキストはいらない。頭をフル回転させれば言うべきことは自然に湧き上がってくる。」218‐219頁。

じっさい九の段を例にとると、英語では次のようになる。

9 times 1 is 9.
...
9 times 6 is 54.
9 times 7 is 63.
9 times 8 is 72.
...

たしかに日本語の「クイチガク」などと語順も同じだし、もちろん言っている内容も同じである。

つまり

「テキストは頭の中に書いてある。テキストの音読ではなく、頭の中に書いてあることの音読なのである。

私はこの『音読+英語で考える』トレーニングが、原理的に考えて、最強の英語学習法になりうるのではないかと思っている。…

この方法の難点は、学問的な裏づけがまだなされていないことである。でも、それは仕方ない。科学のほうが追いついていないのだから。」221頁。

ここに書いてあることには少々疑問もあるが、じつにおもしろいことを言っている。





(つづく)







| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語ブックス・どれどれ塾 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「頭に書いてあることを音読せよ」  その2

■在野の英語本執筆者らしく、著者は大学アカデミズムに鋭い批判を述べている。

「最近、気になることがある。英語教育に関して、高所からものを言うような書名の本が、識者と呼ぶにふさわしい人たちによって相次いで出版されていることである。…

これらは大学に籍を置く専門家が、世にはびこる俗説を一網打尽に打ち払うという点でスタンスが一致している。…

[しかし]彼らがこぞって攻撃する日本の英語教育を主導してきたのは、結局は大学に籍を置いている人々だったのではなかっただろうか。…どんなお粗末な教科書でも、それを書いたのはすべて大学教授なのである。…

英語本の執筆者にとって『英語教育批判』ほど楽なテーマはない。『あれだけ勉強しても英語ができない』という結論だけは保障されているからだ。

しかし、彼らが批判する英語産業の蚊帳の中に彼らもいるのである。

世間に議論を吹っかける前に、まず”専門家”同士でよく話し合ってもらいたいと思う。…

そもそも俗説がはびこるのは、真説をきちんと明示できなかったことが原因だと思う。」230‐233頁。

簡単に言えば、英語の科学はまだ普及していないのだ。





(つづく)







| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語ブックス・どれどれ塾 | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「頭に書いてあることを音読せよ」  その1

晴山陽一『英語ベストセラー本の研究』(幻冬社新書、2008年)

戦後のベストセラー数十冊の内容を通観することで「究極の英語学習法」をさぐろうとした本。

興味深かった点をメモしておく。

■まず、著者が到達した「究極の学習法の条件」がおもしろい。214‐215頁。

「こうするといい」ではなく「こうすると失敗する」という角度からまとめてあるのがユニーク。

・英語に抵抗感をもっていたら学習はつづかない。
・体を使わない英語学習は身につかない。
・音を伴わない英語は使いものにならない。
・一朝一夕に英語力がつくというのは幻想にすぎない。
・基礎を手抜きすると、どんなに勉強しても砂上の楼閣になりかねない。

すべての項目が発音の重要性を指摘していると読める。






(つづく)







| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語ブックス・どれどれ塾 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
冠詞研究のむずかしさについて おわり

本書の三つめの問題点は、体系性や深みに欠けるところがあることである。

本書を読むかぎり、英語に冠詞が存在する理由、aとtheが同じ「冠詞」と呼ばれる理由(冠詞として共通の性質)、aとtheの相互関係といった点が説明されていない。

冠詞を「付ける」ことの裏側にある、冠詞をつけない場合(無冠詞)ことについてのまとまった説明もない。

けっきょく本書はaとtheの根本的な存在理由を探り当てたようには思えない。





もとより本書は一般読者向けの本であって、冠詞のすべてを論じたものではない。

そしてなにより本書は、New York Times など、できあがった英文のなかの冠詞を「説明」するのが目的であって(はしがき)、冠詞をノンネイティブが運用することを直接の目的にしたものではない。

そういう意味で、本書の目的と私の関心はずれており、いきおい「ないものねだり」な批評になった。

とにかく変幻自在の英語の冠詞にいどみ、多くの事例を整理した本書の功績は大きいと思う。









(おわり)








 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語ブックス・どれどれ塾 | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
冠詞研究のむずかしさについて その4
本書の二つめの問題点は、判断基準がわかりにくい場合があることである。

たとえば

「theの用法は同定可能(identifiable)という原理だけで説明可能です」133頁。

と述べている。

もちろん「同定可能」というむずかしそうな言葉の意味は、本書の多くの事例を読んでいくうちにかなり理解できる。

しかし、theを付けるかどうかの判断基準をこの言葉ひとつに頼るとすれば、たとえていえば紙の上に円をひとつ描いて、この円に入るかどうか(同定可能かどうか)でtheをつけるかどうか判断せよと言われたようなものである。

ひとつの円に入るかどうか=「名詞部が同定可能かどうか」という抽象的な基準に頼って英語を運用するのは容易ではない。

けっきょく「同定可能」という判断基準は、できあがったものを解説するのに適した専門用語?ではあっても、英語を話すときに使いやすい概念ではない。

もちろん、言語の研究においてすべての概念が実践的でなければならないということはない。体系的に議論をくみ上げるための<説明のための概念>が作られてもよい。

ただ本書は、aについては「まとまった姿」を表すかどうか(4頁)、theについては「同定可能かどうか」という判断基準をかかげ、このふたつが冠詞の「使い方の原理」(本書のタイトル)だと主張しているようにみえる。

ならばその「使い方の原理」が必ずしも使いやすくないとすれば、あまり望ましいことではない。







(つづく)






| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語ブックス・どれどれ塾 | 00:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
冠詞研究のむずかしさについて その3

たとえば本書によると、

Can I get a coffee?

という言葉を話した人は、coffeeという「名詞部の意味」が「物体」または「製品」なので「冠詞付き」にするのだという。36‐37頁。

こういう説明はよくあるし、間違っているというわけでもないが、プレーヤー向けというより解説者タイプの言葉である。

なぜなら説明の順序が 

<coffeeの意味→aをつける>

という後ろからになっているからである。

英語はあくまで"a coffee" であって"coffee a"ではない。ならば、a が先行する理由は何なのか。

そしてそもそも、英語ではなぜaが必要とされるのだろうか。

本書にはそうした点についての説明はない。

英語を運用するためには<結果についての客観的な解説>だけでなく<話者の主体的意識にそった手順の説明>が必要である。

他人の運転ぶりの解説書と、自分が操作するときのマニュアルは同じとは限らない。他人の運転ぶりを解説されると参考になるが、それで運転できるようになる人はそう多くない。

運転できない分厚い解説書は「重い」。

本書の説明が「重い」といったのは、そうした点を指している。







(つづく)








| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語ブックス・どれどれ塾 | 00:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
#誰が書いてるの?
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック