ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< カルティエの接客技術 その3 | main | カルティエの接客技術 おわり >>
カルティエの接客技術 その4

・「今お召しのドレスにこの靴を組み合わせたらどうなるでしょう?」と提案せよ。すでにあるものとの組み合わせは好奇心をかきたて、前向きの気持ちを誘う。158頁。

・商品(クリエーションと呼ぶ)を客前でていねいに扱うことで、商品の価値を高めよ。163頁。

・価格を聞かれたら、答える前に必ず「美しいパッケージ」の言葉を添えよ。「これは限定版の商品で、〇〇円です。」177頁。

・買おうと思いはじめると、顧客は口に出す前に態度を変える。そのサインを見逃さない。そのときにそなえてサービスを用意しておく。商品の薀蓄、「名前を入れます」「自宅までお届けします」など。買うと告げられたあとも、手入れの方法を教える、「ところでそのバッグによくあう靴があります」と提案するなど、しばらく時間をとってから支払いの手続きに入る。じつは顧客はまだ迷っている。だから納得するための時間が必要。184,186,191頁。





(つづく)


 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | スタバスタイルの塾を作りたい | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
終わりを知っているからこそ、始まりに遡行ができ、まるで初心者のようにふるまうことのできる指導者を、教員と呼びます。

顧客対応できる人もまたその意味で、初心者に遡行できます。相手の立場に立つ、という言葉の意味は、相手の時間に遡ることを意味します。

つまり顧客対応の、不安の源泉は時間なのですね。

| 羽衣 | 2018/10/20 10:13 PM |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/860
#誰が書いてるの?
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック