ごきげんようチャンネル

 魚、水を行くに、行けども際なし  道元『正法眼蔵』



<< 問題の追求が、問題の解決である | main | 概念とは、それに無限に接近する認識の過程である >>
円空 すべてを領収書にした生涯

円空は、なぜあんなにたくさんの神仏を彫ったか。

 

木にはもともと神が宿るとされてきた。だから木を変形すれば新しい神=仏ができると考えたからだという見方がある。つまり神を仏に変えつづけ、そこに喜悦を感じたのが円空であった。


円空の作品が人を惹きつけるのは、なぜか。その理由は、円空がいっさい報酬をもらわず、感謝のしるしとして神仏をつくりつづけたからである。

仏師は、仏像をつくるのが仕事であるから、作品は「請求書」になる。ところが円空は報酬を期待せず、純粋な心で神仏を彫った。円空は「領収書」として神仏を刻んだのだ。要求ではなく感謝。だから円空仏は自由である
 

 


岐阜県の高賀(こうか)に、円空記念館がある。高賀は白山山系の修験の聖地のひとつで、円空が何度か滞在し、たくさんの円空仏が残っている。

 

 


http://www.horado.com/kouka/enku.html

 

 

 

円空が木に登っている等身大の人形ディスプレイもある。それを見ていると、円空が私たちを叱ってくれる。「そんなことより、領収書は書いたのか!」と。

 

ここには、円空が12万体造像をなしとげた最後の像、歓喜天像もある。円空はここで造像をやめ、三年後に入定すると予言した。そして「千日行」を行ったあと、関の弥勒寺で即身仏になった。元禄九(1695)年、64歳。

 

最後は、自分の身体を領収書にしてしまった。すさまじい一生だった。
 

 

ぜんぶ領収書にすれば、人生は自由になる。

 



 

 

 

 

    地蔵菩薩は庶民の円空仏かもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | ブッダ暗殺 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/600
#誰が書いてるの?
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
  • 英語を演奏する技術
    みうら (10/17)
  • 英語を演奏する技術
    月研ぎ (10/17)
  • 仏教は宇宙の創始や終焉をあまり考えない、古代の無限縁起の世界観
    みうら (10/16)
  • 仏教は宇宙の創始や終焉をあまり考えない、古代の無限縁起の世界観
    稲妻捕り (10/16)
  • 生きてるほうが珍しい  人間と宇宙、空と無の連関について
    みうら (10/16)
  • 生きてるほうが珍しい  人間と宇宙、空と無の連関について
    稲妻捕り (10/15)
  • 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ
    みうら (10/14)
  • 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ
    職人 (10/13)
  • 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ
    みうら (10/13)
  • 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ
    職人 (10/13)
#トラックバック