ごきげんようチャンネル


みにつもる ことばのつみも あらはれて こころすみぬる 三重(みかさね)のたき

   『山家集』1118

<< 教科書で学ぶ外国語は一種の虚構である | main | 私とアインシュタイン >>
平和の新しいかたちは「戦後」に模索される

1000万人の死者を出した第一次世界大戦のあと、国際連盟や不戦条約、戦時国際法といった国際平和の枠組みができていった。

 

一億人近い死者を出した第二次世界大戦のあと、国際連合や IMF や地域的軍事同盟網のような、新たな国際平和の枠組みがつくられた。

 

平和の新しいかたちは、戦後に模索される。

 

だが、第二次世界大戦後の「平和」は同時に、「冷戦」というあらたな戦争体制と同義でもあった。<冷戦という戦争体制によって維持され、かつ破られる平和>という矛盾が半世紀ほどつづいた。

 

そして2000年までに「冷戦」は政治体制としては溶解し、「冷戦後」となった。3回目の「戦後」である。

 

現在の3回目の「戦後」も、戦争マシーンによって支えられ、かつ破られる「平和」であることは、過去2回の「戦後」と同じである。

 

あらゆる戦争の手段を取り除くという憲法九条の知恵が世界化するには、もう一度大戦争が必要なのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4894
#誰が書いてるの?
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック