ごきげんようチャンネル


みにつもる ことばのつみも あらはれて こころすみぬる 三重(みかさね)のたき

   『山家集』1118

<< 英語論は英語習得法ではない 無意識のすり替えについて | main | 伊吹山 初冠雪 私のベストショット >>
三日で20万円の講習費用がもつ意味

ある特殊な技術を教える協会がおこなっている講習が、三日間で20万円だという話を聞いた。

 

20万円という高額がもつ意味を、ある人が説明してくれたのだが、その話に、私は驚愕した。

 

 

 

・高額だと素人は受講しないので、低い技術から教える手間が省ける。

 

・高額だと受講者数が限定されるので、教えやすい。

 

・高額だと、受講者は元がとれるかどうか計算し、元がとれると判断したら受講する。この判断ができたことじたい、受講者に一定の収益力がすでにあり、講習終了後も関係を維持できることを意味する。

 

・その技術の目的をすでに理解しており、ほんとうに習得したい人だけが受講するので、受講態度が真剣になり、講習が効率的に進行する。

 

・高額の講習を受けて合格することで、受講者は仕事に自信が増す。

 

・高額なほうが、受講者は技術の具体的な内容を他人にしゃべらないので、技術の秘密が守れる。

 

・講習費用を高額にし、習得者数を限定するほうが、特別な技術として別料金を客から取れる。つまり、高額なほうが技術普及率を適切に維持できるので、協会も資格取得者も長期的に利益を得る。

 

 

 

以上は、教える技術に自信があってはじめて成り立つ話ではあるが...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | スタバスタイルの塾を作りたい | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4883
#誰が書いてるの?
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック