ごきげんようチャンネル

Life is for those who have a hope.

Action is of those who embrace a yearning.

History is made by life and action, hope and yearning.


<< 英語を演奏する技術 | main | 「帝位は最高の死装束である」テオドラの真実 >>
日本人は英語がうまい? マーク・ピーターセン氏の優しさ

文科省が「英語が使える日本人」を作るための「戦略構想」を発表したり、TOEFLの国際比較で日本人の平均点が低い(156カ国中144位だった年もある)といったことをとりあげて、「日本人はとくに英語ができない」という主張?がしばしばおこなわれる。

『日本人の英語』(岩波新書)で有名なマーク・ピーターセン氏(明治大学教授)は、これはでっちあげだと強調する。日本人がとくに英語が下手という事実はないと。

じっさい、TOEFLの平均得点が低いというが、TOEFLは受験料が高いから、日本以外では留学候補者のようなエリートだけが受験する。軽い気持ちで受験する人が沢山いる日本とは、もともと受験者の質が違う。だから「TOEFLの国別平均点は無意味な統計なのだ」(マーク・ピーターセン『英語の壁』文春新書、2003年、37頁)。

ピーターセン氏がもっとも嘆くのは、文科省自身が、日本の中学・高校の英語教員の英語力が低い、などと公言していることだ。ピーターセン氏の経験では、「地方をまわって現場の先生に会ってみると、むしろ英語力は驚くほど高い」という(同上書、37−38頁)

けっきょく、何が悪いかというと、「全員にいやでも英語を覚えさせる」という日本の教育方針なのだ。英語をどこまでやるかは個人の判断にまかせるべきで、しぶしぶやっているような人まで巻き込む火必要はないと、ピーターセン氏は力説する。

大学で、英語嫌いの学生にも教えているピーターセン氏の目からみると、「英語全員強制」の弊害は目に余るのだろう。

 

 


では、本当のところ、日本人の英語のレベルは、どうなのか? 

私としては、「ある意味で低いが、それは仕方がないことであり、かなり多くの国でも、似たようなものだろう」と答えたい。

たとえば、しょっちゅう使う「冠詞」(a とthe)について考えてみても、これがまともに使える自信のある人が、何人いるだろうか。


以前私は韓国の書店で、韓国人が読んでいる英語の参考書を手にしたことがあるが、冠詞については日本人と同じような注意が書いてあった。日本語と同様、韓国語にも冠詞がないので、冠詞を駆使するのは、韓国人にとっても著しくむずかしい。

そして冠詞のように面倒で重要な点については、どの国でもおおざっぱな説明・教育しか行われていないという実態がある。英語の冠詞がまともに使えるようになる外国人向けの優れた教育メソッドは、まだ存在しないのだ。

これでは、母語に冠詞がある言語の話者か、一部の非常に才能のある人くらいしか、英語がまともに出来るようにはならない。

英語教師を含む日本人の英語力は低くない、というピーターセン氏の主張は、半分は彼の優しさからくるものだと私は思う。英語で人間の優劣を決めるかのような日本の風潮に対して、彼のヒューマニズム(会ってみるとわかるが、彼はアメリカ中心主義とは縁のない人である)が許せないのではないか。

日本人の英語のレベルが国際的に低いと嘆いたり、それはなぜかと議論すること以上に重要なことは、英語が本当に身につくメソッドを一日も早く開発し、普及させることだ。

それがないのに、中学・高校の英語教師の英語力は英検準一級が目標(文科省)などと言ってみても、しょせんは夢物語 a pipe dream である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の筋トレ イングリッシュ・ジム | 00:00 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
なるほど。顔にすべてが集まる。感覚器官の多くが顔に集中していますし。人体というのは、案外と正直なものですね。
| みうら | 2017/10/18 9:43 PM |
マンガ家の楳図かずおさんの手伝いに行ったとき、描くヒロインの顔が女優の新玉美千代さんそっくりに見えたので、好きな女優さんですかと言ったらビックリされました。

手塚治虫の描くヒロインは奥さんそっくりでした。そこに気づいてみると、描かれた顔は、描く本人自身、一番身近な奥さん、恋人、好きな女優・タレントさんに、みな面影が似ているのです。

冠婚葬祭で親類縁者が集まると、お前はどこそこの誰にそっくりだと、自分が知らない人の名を挙げられて戸惑います。

顔は限りなく表面であり同時に無限の深さを持ちます。最深のものは最表にある、ということでしょうか。

解剖学者・三木成夫は、内臓の前端露出部分が顔だといいましたが、顔は生き続けていることが一つの表現であるような、行為の次元に属しています。

そのため顔は、自分で確認できない自己表現で、、それゆえ疑うことさえできない自己表現です。この意味で顔は、個体にとってもっとも初源的な「自己表出」(吉本隆明の『言語美』の概念)です。

顔は誰が見ても同じではなく、対象としてそれを直感することではなく、生き続けている行為に触れることです。この行為する生命の輪郭を、三木成夫は「面影」と呼びました。

見る人によって見え方が変わる顔とは、潜在的次元にたくさんの顔の像が重なり合っている、ということでしょうか。


| 月研ぎ | 2017/10/18 4:18 PM |
じつに興味深い話ですね。そうですか。顔だけは本人が描く。面白い。
| みうら | 2017/10/18 2:46 PM |
たくさんのマンガ家さんの手伝いをしましたが、顔だけは例外なしに作者本人が描きます。首から下の身体は専門のアシスタントに任せます。

顔はとても不思議で今でもその理由がわからないのですが、他人が描くと表情が違って絶対にバレてしまうのです。手塚治虫も顔だけは絶対に他人まかせはしませんでした。

いろんなマンガ家さんの首から下の身体を、平気で描き分けてしまうので、「器用だね」と言われましたが、手塚治虫の「みな同一」を知っていましたので、少年・青年・老人の身体の違いは、縮めたり伸ばしたりで簡単に差異と同一性の表現ができました。
| 月研ぎ | 2017/10/18 2:10 PM |
うーーむ、これも深い。けっきょく、基本は一つだけ。これは本当で、また、そうならなければ本物ではないとも言えるのでしょう。
| みうら | 2017/10/18 1:18 PM |
「英語がほんとうに身につくメソッド」を、みうらさんでもまだ見たことがないのですね。

とても身近で誰もが一度は突き当たる、自転車に乗れる方法、泳ぎができる方法も、無いですね。実践で覚えるしかない。空手の通信教育はありえないということでしょうか。

手塚治虫というマンガ家の代筆チームに参加した経験があって、旅館にカンズメになったそのとき、
「まったくの素人がマンガを描けるようになる方法がありますか?」と聞いたことがあります。

なぜ聞いたかと言いますと、あまりの描くことの自在さ速さに驚いたからなんです。

ペンさばきが速いだけでなく、原稿用紙もペンと同時に動かして描くんです。ですからペンダコも普通に中指にはなく、小指から手刀の信じられないところにありました。

手塚治虫がいうには、
「マンガは基本的に資料なしで(ソラで)人物や背景を描きます。たくさんの登場人物が出てくるのですが、よく見ると主人公は一つの顔しかありません。物語の設定が違っても主人公は同じ顔です。だからマンガは、一人の人物を、何も見ないで自在に動かすことができれば、描くことが可能なのです。主人公が描ければ、脇役はその応用でいくらでも描くことができます。」

そのときアマチュアでしかなかった自分は、プロはどうして次々と物語を生成して登場人物を描き分けていくのか、その秘密を知りたかったのです。ですから当時は才能の違いと、自分にはいいきかせていました。

でも、どんなに多様で複雑に見えても、基本は一つのところで成り立つ、という手塚治虫の話は、決定的なものに聞こえました。

| 月研ぎ | 2017/10/18 9:05 AM |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/482
#誰が書いてるの?
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック