ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 完璧な銀河 私のベストショット | main |
権力は人の心の構造に基盤がある

一般に政治学では、権力 power の定義がはじめのほうで論じられる。政治は権力現象の一種なので、あらかじめ権力の本質をとらえておく必要があるからだ。

 

滝村隆一氏(1944-2016)の政治学も、権力の定義がはじめに出てくるのだが、その内容がやや難解になっている。このことは、滝村氏の理論が理解されない一因になっていると思われる。

 

滝村氏による権力の定義として、まとまりの良い部分を引いてみよう。ややこしい言い方になっているが、まずはそのまま引用する。

 

 

「諸個人によって<観念的に対象化された意志>が、ちょうど反転するように観念的に客観的な存在として、諸個人の<独自の意志>を規制し拘束したとき、この<観念的に対象化された意志>を<規範>という。そして<権力>とは、何よりもこの、諸個人の<独自の意志>を規制し拘束する、<規範としての意志>の<観念的支配力>を、とりあげたものである。」(滝村隆一『国家論大綱』第二巻、勁草書房、2014年、435頁。以下、滝村『国家論大綱』と記す)

 

 

権力とは、人間どうしの支配/服従という社会的関係についての概念である。友人関係でも、家族でも、クラスでも、会社でも、たいていの社会関係において権力は日々発動している。そこではたいてい、現実の人間の誰かが支配し、他の誰かがその人に服従しているように見える。だが、過去の強烈な経験が政治家の行動を生むときとか、市民が消費税を支払う場合のように、誰が支配者なのかが見えにくいこともある。つまり権力の本質は、人間どうしの直接の支配/服従関係の背後にある、目には見えない人間の心の特殊なあり方にあると考えられる(この点につき、滝村『国家論大綱』 第一巻上、2003年、56頁に指摘がある)。

 

そこでまず、人間の心の仕組みを一枚の図に描いてみよう。これは私(三浦)の私見である。

 

 

 

                

      対象 ←   <行動>   ←  自分

 

             規範        ↗

                ↘

              ↑   <意志>

                                               ↗

              自己

 

 

 

 

この図において、心は自己と自分に分裂し、かつ自己は自分に対向している。自己は、客として、ドライバーとして、住民として...など、機会に応じていろいろな種類が立ち上がる。自己は、いろいろな規範を参照し、規範による命令を受けながら意志を形成し、その結果、身体をもつ自分が対象に向かって行動する。この行動のあいだ、規範に規定された自己の<意志>は、自分を拘束しつづける。

 

先に引用した滝村隆一氏の権力の定義は、上の図の規範の部分に、<組織や集団が制定した意志>が来る場合のことを述べていると考えられる。

 

 

 

     対象 ←   <行動>   ←  自分

 

       組織・集団が制定した意志  ↗

                

             ↑    <意志>

                                             ↗

              自己

 

 

 

個人の自己は、おのおの独自の意志と規範をもっているが(最初の図)、いつもその意志の通りに行動できるとは限らず、自分の所属する組織や集団が制定した意志も、つねに参照している。組織・集団が制定した意志による命令を受けて、自己の意志は拘束され、この拘束された意志にもとづいて、身体をもつ自分は対象に向かって行動する。

 

個人はいろいろな組織や集団に所属しているから、「今度の土曜は、会社を休んで子どもと出かけるべきか?」などと、父親としての自己と社員としての自己が葛藤する場合もある。過去の強烈な体験のように、組織性・集団性が薄い場合もあるが、これは忘れられない体験じたいが、自己がいまだそこに所属している規範となっているケースと考えられる。このように、<組織・集団が制定した意志>という特殊な規範による、自己の意志への支配力(図の  )が、権力である。権力者とは、この<組織・集団が制定した意志>という特殊な規範の裁可・決定権をもっている人物のことである。

 

 

...

 

 

社会関係は人間どうしがつくる関係であるから、当然、そこでは人間の心が関わる。社会関係の分析にあたっては、人の心の構造を理解しなければならない。心の理解が欠けていれば、権力の分析といっても、目に見える具体的な行動やその結果、およびその社会的機能を記述したり数値化したりして、現象を整理することで終わってしまう。

 

滝村氏自身をふくめて、これまでの社会科学は、上のような人間の心の構造ー自分から自己が分裂して対自しながら、規範によって両者が再統合されることーを明瞭に提示し、前提としなかった。そのため、われわれは権力の本質についての理解を共有しにくかったのである。

 

 

 

注:権力とは、心理的服従であるという有力な見方(たとえば丸山眞男)があるが、<組織・集団が制定した意志>=規範による拘束は、心理的服従とイコールではない。心理は、同意や承認を拒んだり、服従しなくても罰せられるとは限らない、流動的で私的な内心である。それに対して規範は、たとえば社内規定や法律のように、いったん発せられれば制定した当人も従わねばならない客観的内容をもち、それにしたがって行動しなければ処罰の可能性もある社会的客観的な存在である。権力とは、個人による心理的服従そのものではなく、<組織・集団が制定した意志>=規範という社会的客観的な存在がもつ、成員全員の意志を現実に拘束する力をいう。滝村『国家論大綱』第一巻上、238ー239頁は、この点を指摘している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4720
#誰が書いてるの?
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック