ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 「靖国神社に霊はいないよ」 | main | 言葉の自傷性をおさえる >>
新元号について 複数の起点が並存する世界

近いうちに元号が変わる。

 

婚約関連の記者会見で、「出会いは2012年」と皇族の一人が表現したことが新聞記事になった。

 

https://www.asahi.com/articles/ASL7T6VTSL7TUTFK01J.html?iref=pc_rellink

 

皇族が報道機関の前で、元号を使わず西暦だけで時間を表現したので、保守派がショックを受けたというのである。

 

たしかに、年月を数える概念は、深いところで人の意識に影響する。

 

台湾には、「中華民国」という独自の紀元がある。台湾で発行された本には、奥書に「中華民国98年」などと印刷してあり、それだけだと、いつのことなのかわかりにくい。私は、はじめてそれを見たとき、台湾という地域がカプセルにこもり、他から隔絶しようとしているように感じた。日本の元号も、外国からみればそういう隔離の意志を感じさせるのかもしれない。

 

ちなみに、距離の尺度は現在メートル法だが、私など、いまひとつ身体感覚に合わない。尺(約30センチ)とか寸(約3センチ)のほうが、ちょっと慣れるとすんなりとなじめるところがある。もともとメートル法は、地球の大きさを基準とする科学的な概念である。だから脱文化的な普遍性があり、精密な計測に適しており、国際的に平等感があって、広く採用されている。

 

西暦も地球上の広い地域で使われているが、メートル法ほどの普遍性はもちにくい。距離の幅は脱文化的に設定できても、年月の起点を無文化的に決めることはむずかしいからだ。

 

日本の保守派の一部が西暦に反発する理由は、それがキリスト教世界の暦年法だからである。外来の暦法を使うことを政治的・文化的な屈服とみなすなら、日本の元号に固執する保守派の心情もわからないでもない。

 

だが、この論法をおしすすめるなら、日本に住む外国人や日本人のなかに、「平成」などの元号を使うことを政治的・文化的な屈服と感じる人がでてきてもおかしくないことになる。また、そもそも元号など日本古来の暦法とされるものも、元は中国からの輸入概念であり、それを改良したものである。

 

イスラム圏には、ヒジュラ暦といわれるものがあり、西暦2018年はヒジュラ暦1439年になるという。ただ、多くのイスラム圏では、西暦も併用しているらしい。併用によって、文化的独自性と世界的一般性を妥協させているのだろう。

 

ついでながら私は、新暦による月の数え方が季節感に合わない気がすることがある。新暦を使うことに反対はしないが、もっと旧暦の地位をあげてもいいのではないか。留学などの便も考えて、新学期を九月にすべしという意見もあるが、これが実行されたら、また季節感のズレが起こりそうだ。

 

こうしてみると、われわれは地域的文化性と世界的普遍性がせめぎあう歴史的段階に生きていることがわかる。

 

そういう段階にいるわれわれは、複数の尺度があることのわずらわしさを、いっそのこと楽しんでしまうのが一番なのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4674
#誰が書いてるの?
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック