ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 数字には四つの意味がある | main | カジノ資本主義と『マルクス最後の旅』 >>
仏像はトランスを表現している

仏像は、宇宙のトランスを古代的に表現したものではないだろうか。

 

私がいうトランスとは、存在(宇宙)というものが、

 

 

 

       転体      客体

 

  ▽

 

           主体

 

 

 

こうした三角関係にあるという認識のこと(この図は、主体から出発して反時計回りに回転する)。

 

西村公朝師の大著『仏像の再発見 鑑定への道』(吉川弘文館、1976年)は、如来、菩薩、明王、天部という四種の仏像の相互関係を説明しているが、それはトランスの古代的表現だといえる。

 


如来=主体・客体・転体  この宇宙の森羅万象は、どこからか来て、仮の姿をとったものである。人間も花も鳥も山も川も、いま「そうであるかの如き」姿をしている。この世にあるすべてのものは、本質のわからない「如」(にょ)の世界から「来た」のだ。ゆえに、この世のすべてのものを「如来」という。26頁 上のトランスの図でいうと、如来とは、主体・客体・転体という契機(必然的通過点)にあたる。如来といい、主体・客体・転体というのは、すべてトランスのなかで現れる仮の姿(現象)である。

 

 

菩薩=主体・客体・転体どうしの客観的な関係  「われわれの周囲にいる各如来は、おたがいに助け合っているのです。その助けられたAと、助けてくれたBの関係は、BがAに対して菩薩になっているのです」「菩は香草(こうそう)、薩は救うという意味です」 たとえば「人と米の関係は、米は人に対しては菩薩になります」26頁 こうして、ある如来は他の如来の菩薩となり、世界が助け合っている。ならば菩薩とは、トランスの主体・客体・転体が互いに結ぶ投射・転態・反射という客観的な関係のことである。

 

 

明王=主体・客体・転体どうしを結びつける力   米は、「太陽と水、すなわち地・水・火・風・空の働きが加わって成長します。この偉大なエネルギーを明王といいます」26頁  明王は、如来・菩薩を生む宇宙エネルギーの擬人化である。ならば明王とは、トランスの主体・客体・転体を互いに結びつける力のことである。この力こそトランスをつくる当のもの、すなわちトランスの実体だといえる。実体は局面(上図の三つの辺=関係)ごとに性質が異なり、トランスではそれぞれを投射力・転態力・反射力と呼んでいる。

 

 

天部=本質あるいは規範   「こうした宇宙のバランスを護っているのが天部と解釈できるでしょう」26頁。 天部とは、トランスの真ん中にあって、トランスの運行をつかさどっている宇宙の本質、あるいは行動する人間にとっての規範のことである。

 

 

こうしてみると、如来という主役にみえるものが、じつは仮の姿であり、明王という脇役にみえるものが宇宙の実体であり、天部というガードマン的なものが宇宙の本質を象徴していることになる。このように自足した宇宙のトランス全体を、大乗仏教は「空」と呼んだ。

 

これら四種の仏像をすべて用いるのは真言天台の密教系寺院であり、禅宗や浄土系の寺院では仏像の種類がより限定されている。だがこうした「空」の宇宙観はすべての仏教のベースになっており、トランスの真ん中の本質に全身で直入しようとすれば禅宗、世俗にある人間の苦悩にフォーカスして、菩薩の力を一種類の如来に集約すれば、浄土系の思想になると考えられる。

 

仏像群は、古代インド発祥の宇宙観である。宇宙のあり方を一見無機質なトランス(上図)と見る現代の私からみると、仏像の姿は豊かに擬人化され、古代的で異国的だ。

 

いずれにせよ、古代の仏像群は、宇宙のトランスを洞察したものだと私は解釈したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の哲学 世界はトランスする | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4672
#誰が書いてるの?
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック