ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 認識の二重性ー個人的認識と社会的認識ー そして生育時間で測られる概念性の深まり | main |
跳び箱の踏切板は不可欠のメタ・ツール

トランス・ヒストリーと名づけて私が追求しているのは、歴史認識のためのしっかりした規範である。

 

たとえば幕末の史実は、学校の教科書のような描写でも、漠然とながら理解できる。だが、得られるものは少ないので、「歴史は暗記物」となる。

 

歴史小説は教科書より面白いが、人間の苦悩や矛盾に焦点を当てることが多く、社会の仕組みは必要に応じて描かれる。

 

 

突然だが、ここで跳び箱を跳ぶところをイメージしてみる。

 

ポンと踏む、あの木製ボードなしで、はたして跳び箱は跳べるだろうか。

 

 

 

エバニュー 体育館用品 踏切板 ロイター板 踏切板距離調節器 ロイター板 ER-60J EVERNEW EKF401

 

 

たぶん、そうとうむずかしいだろう。

 

だが、われわれは跳び箱の高さのほうに目が行き、踏切板の不可欠性を忘れやすい。(学校でよく使うタイプのものは、開発者の名をとって「ロイター板」というらしい)

 

踏切板のように、隠れたところで力を発揮する道具を、メタツールという。

 

歴史理論なしで史実を理解しようとするのは、良い踏切板なしで高い跳び箱を跳ぼうとするようなものである。

 

歴史理論は、力強い踏切板である。

 

それがあると、高い跳び箱が軽々と飛べる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4632
#誰が書いてるの?
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック