ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< トランスの実体は、投射力・転態力・反射力 | main | なぜ人類史は自然過程か 歴史法則が長期的に貫徹する >>
脳科学には要注意 サッカー選手の身体の仕組みは、サッカーではない

「磁力」について、次のような説明がある。

 

 

「磁力は、電荷の運動によって引き起こされる基本的なである。...よって磁性は電荷を持つ粒子運動をすればいつでも現れる。磁性は電流の中の電子の運動によって発生して電磁気と呼ばれたり、電子の量子力学的な軌道運動やスピンによって生じ、永久磁石の力の源となったりする。」(ウィキペディア「磁性」より)

 

 

誰でも知っている磁石のはたらきを、「電荷の運動」という本質においてとらえている。物質の現象を、さらに微小な物質の運動へと還元して認識している。

 

このように、物質がおこす現象の本質すなわち物性は、物質的に解明されていく。

 

 

人間や社会を対象にした学問は、こうした自然科学の着実な進歩に大きく水をあけられている。それはなぜか。

 

人間の意識(その本質は規範)と物質の物性。このふたつの区別と関係をあいまいにしているからである。

 

ヒトは、物質としての身体がなければ意識をもてない。そういう意味で、身体は意識を支えている。だが、身体と意識は、それぞれ次元がちがうものの名前である。

 

脳科学の話を聞いていると、意識をこまかく調べれば、目にみえない物質の運動が発見でき、それが意識の物質的実体であるかのようにイメージしやすい。

 

だが、意識は人間が社会的に発展させた作法による内心の活動である。意識やその表現は物質の運動が支えているにしても、意識じたいは物質ではない。意識は物質ではないからこそ、意識なのである。

 

 

「これまでのところ、交換価値を真珠やダイヤモンド [⇨脳] のなかに発見した化学者は、ひとりもいない。」(マルクス『資本論』初版(幻燈社版)、322頁)

 

 

サッカー選手の脳をいくら調べても、サッカーのルールはわからない。

 

サッカー選手の身体をいくら調べても、今日のサッカーの試合展開はわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 脳科学はニセ科学 | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4578
#誰が書いてるの?
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック