ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 史的唯物論は歴史認識のための規範(概念体系)である | main | ドラえもんの実在性について 観念世界の結合性と自立性 >>
バッハの前では客体でいい

早朝のFMでバッハの教会音楽が放送されることがある。

 

バッハの音楽は、安心して座っていれば、それでいいというところがある。

 

自然に「聞こえる」でいいという安心感。

 

あるバッハ研究家が、バッハの教会音楽は、けっきょく聖書の言葉の意味を音楽で表現したものだと述べていた。

 

聖書の言葉が主体であり、自分の音楽はその客体であればそれでよい。聖書に現れた概念を、音の組み合わせでロジカルに、しかも感性の悦びをもって表現するのだ。

 

きっとバッハは、そういう態度で作曲したのだろう。

 

バッハを聴く。いや、バッハが聞こえる。音が主体で、私はその客体だ。バッハが選んだ聖書の言葉を、ほんとうの主体として私が受け入れられれば、なおいい。

 

バッハの音から私がつくる心の転体。それがバッハの音楽の内実だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の哲学 世界はトランスする | 06:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4563
#誰が書いてるの?
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック