ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 脳科学には要注意 サッカー選手の身体の仕組みは、サッカーではない | main | <社会全体の認識力>というものがある >>
なぜ人類史は自然過程か 歴史法則が長期的に貫徹する

自然過程としての歴史。それは長期的に貫徹する。

 

ならば、人間の「自由意志」は、この自然過程にどう含みこまれるか?

 

ここで、高校の物理の「力の合成」の説明を引用させてもらおう。

 

 

 

「力はベクトルであり、どれもが同じ方向を向いているとは限りません。違う方向を向く力同士の合成はどう考えればよいでしょう。

 

 

たとえば

 

 

  

 

 

このような2つの力があった場合、数学のベクトルの加法にならいます。すなわち平行四辺形の対角線が合力となります。

 

 

 

 

 

もし  2つの力の角度が120°であるなら  この青い三角形は正三角形であり、平行四辺形の対角線の長さは各辺の長さと同じになるので、

 

 

 

 

合力は 2N となります。2N + 2N が 2N となるのです。4N とはなりません。

 

 

 縦方向の成分は打ち消し合ってしまい、 横方向の成分だけ残るからです。」

 

 

 

http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/mech/tikara/gousei.html#ittann

 

 

 

「力の合成」の原理は、歴史の理解にも役立つ。

 

自由意志による人間の行動をひとつのベクトルだとすれば、人間が二人いてベクトルが二つ集まれば、ひとつの平行四辺形になる。その結果は、上記の「力の合成」が示すように、個々のベクトルの方向とは異なるし、量も単純な和にはならない。

 

このように合成された力が無数に集まって、社会全体の方向が決まる。個々の人間の行動は自由意志によるが、全体の方向は、個々の人間からみれば「無意識、無意志」に決まっているようにみえる。つまり社会全体の方向は、個々人の自由意志を超えた「自然過程」のように貫徹していく。

 

この自然過程は、多くの逸脱、逆行、中断をともないながら、長期的にはある一定の方向へと進む。人間は、それがどの方向であるかを洞察することもできる。その長いプロセスにおいて働く諸法則を洞察することもできる。

 

こうして方向と法則が洞察できたら、それらを加速したり遅延させたりすることもできる。知恵と努力次第では、歴史の方向と法則を修正することさえ不可能ではない。

 

 

 

 

資料:エンゲルスによる「歴史(力)の平行四辺形」の説明

 

 

「歴史のつくられ方というのは、多くの個別意志の葛藤のなかから最終結果が いつでも生れてくるものであり、しかもそれらの個別意志はそれぞれまた多く の特殊な生活条件によってそのような個別意志になっているのです。

 

つまり無数の、たがいに阻害し合う力、すなわち力の平行四辺形の無限の集まりがあり、 そのなかからひとつの合成力――歴史的結果――が生まれるのであり、それ自身はまた全体として無意識に、また無意志にはたらく力の産物とみなすことができるのです。

 

なぜならば、個々の一人ひとりの者がもとめるものは、他のそれぞれの者によってはばまれ、そして出て来るものはだれもがもとめなかったものということになるのです。

 

こうしてこれまでの歴史はひとつの自然過程のように経過していますし、また本質的には同じ運動法則にしたがっています。

 

しかし、個々の意志が―そのそれぞれが体質や外的な、最終的には経済的 な事情(それ自身の個人的な事情または一般的-社会的事情)にせまられて、そ のもとめるところがきまってきます―

 

―そのもとめることを得られず、溶け合って全体の平均、すなわち共通の合成力が生れるからといって、個々の意志イコール・ゼロとみなすべしなどと考えてはなりません。

 

それどころか、個々の 意志はそれぞれ合成力に寄与するのであり、そのかぎりでそのなかに含まれているのです」

 

 

(エンゲルスからヨーゼフ・ブロッホへの手紙、1890年9月21日、全集第 37 巻。太字は引用者)

 

 

http://benkaku.typepad.jp/files/tokuchou.pdf

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4546
#誰が書いてるの?
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック