ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< きれいなお金がまわると世界がきれいになる | main | 観念は非現実だからこそ大事にしたい >>
心の極意は「きれいな願い」

牛が草を食べると牛乳になる。

 

蚕が葉を食べると糸になる。

 

生物は変換装置だ。

 

人間は、あらゆるものを観念に変換する。万物変換装置だ。

 

観念は表現体へと凝結し、表現体は相手の心にとりいれられ解凍されて、ふたたび観念にもどる。

 

そのとき元の観念はまた変換をとげている。

 

そういう変換には、極意がある。

 

それは、きれいな願いをこめることだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の哲学 世界はトランスする | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4535
#誰が書いてるの?
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック