ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 強いから弱くなれる 弱い人が強い人をつくる | main | 事実は信じることで真実になる >>
<主語の謎>は心のスマホで解決

英語ネイティブに、「日本語では主語を言わないことも多い」といったら、はじめは驚くかもしれない。

 

だが、日本語だけでなく、主語らしいものをとくに言わない言語は少なくない。

 

主語がある言語と、主語らしきものがない言語。<主語の謎>は、言語学の基本問題のひとつだ。

 

そしていまや誰もがスマホを持ち歩き、動画まで撮れるようになって、ようやく<主語の謎>が誰にも合点できる時がきた。

 

 

話し手の心には、いろいろなものが浮かぶ。だが話し手は、身体をもったまま自分の心のなかには入れない。

 

そこで、こうする。

 

話し手は、心のスマホを用意する。そして、それを自分の心のなかにある誰かに渡す。もちろん、これは観念上の想定だ。

 

するとその「誰か」は、話し手の心のなかのものを撮ってくれるだろう。

 

たとえば英語なら、心のなかの ”I” に心のスマホを渡す。”I”は、"love" といいながら"you" を撮影する。この様子は、

 

 

"I love you."

 

 

という画像になる。これを you に送信すれば言葉になる。

 

日本語なら、心のなかの自分に心のスマホを渡し、こうつぶやいているところを自撮りして、送信する。

 

 

「ほれてんねん」

 

 

 

"I love you." のように、誰が(主語)、何をどう撮っているかをいちいち言う言語もある。「ほれてんねん」と、動作や心情を中心に表現する言語もある。

 

話し手が誰に心のスマホを渡し、何を撮影させているか。その様子を客観的に表現する言語と、誰が撮影しているか(主語)よりもむしろ、撮影した画像の内容を中心に表現する言語のちがい。

 

どちらにせよ、心のスマホのおかげで、われわれは自分の心のなかを撮影できるし、撮れたらそれを人に送ることもできる。

 

心のスマホの原理は、どの言語でも同じだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の文法 トランス・グラマー | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
なるほど。

"I love you."は自撮りですね。■
| YAGURUMA"剣之助" | 2018/09/10 10:33 PM |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4518
#誰が書いてるの?
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック