ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 真実が現れるフィクション 浄土三部経について | main | 人間の力を超えることは、観念上で解決するしかない >>
『坂の上の雲』を空からみる 司馬史観を越えた暗殺者

安重根(アン・ジュングン 1879‐1910)といえば、「韓国の義兵中将」を名乗り、ハルビン駅で伊藤博文を「軍事行動」として暗殺した男。朝鮮独立史を語るには欠かせない人物である。

その安重根が、処刑される直前まで執筆していた「東洋平和論」という文章に、おもしろいことが書いてある。

日本が日露戦争に勝利できたのは、「韓清両国人民」が「日本軍を歓迎」し支援したからだというのである。


日本は、「東洋平和の維持と大韓国独立の強化」を開戦理由にした。そして日露の開戦は、黄色人種と白色人種の競争ともいえる。だから東洋人民は日本を支持し、「以前の日本に対する敵愾心は一気に消滅」した。

ところが日本は、ロシアに勝利すると韓国から外交権を奪い、満州南部まで利権をのばした。そのため、「日本の偉大な名声や絶大な勲功は一朝にして失われ」たのだった。

 

では、日露戦争に勝利した日本は、どうすればよいのか。

 

安重根によると、まず日本は旅順を中国に返還し、旅順を永世中立地帯とすべきである。そこに韓中日が共同で管理する軍港を作り、三国代表による常設委員会を設置し、東洋平和会議を組織する。

 

そして三国人民を会員として会費を集め、共同銀行を設置し、共同貨幣を発行し、共同軍団を創設し、互いの言語を学習し、日本の指導によって商工業を発展させる。三国皇帝は、ローマ教皇を訪問し協力を誓いあい、王冠を受ける。

「そうすれば世界は日本の英断に驚き、日本を称賛し、信頼を置き、韓日中は永遠の平和と幸福がえられる」

 

というのである。(以上、勝村誠「安重根の東洋平和論」『歴史地理教育』2010年1月号、67頁より)

 

理想論のようだが、安重根の構想の根底にあるのは、日本の命運をにぎるのはアジアの民衆であり、げんにアジアの民衆の支持を得ることで、日本はロシアに勝てたのだし、これから韓中日が共同で栄えることもできるのだ、という見方である。

 


英雄的人物に光をあて、日露戦争を近代日本の栄光ととらえる司馬史観とはちがう歴史観が、ここにある。

安重根は「坂の上の雲」の上から、日本をふくむ東アジアを見ていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
司馬史観とは渡辺京二が『坂の上の雲』を下記のように評しているレベルということですね。

「要するに、ここにいるのは張扇をもって机を摶ちつつ声を張り上げる講釈師なのである。誇張は客寄せの技術であるから、聴衆はいちいち目くじらを立てて聴かない。何かといえば、史上初めてと書きたがる司馬の筆癖も、講釈師の月並みな修正と思えば、咎め立てするのも気がひけるぐらいのものだろう。しかし、世に称して司馬史観という一世を風靡する史観のもちぬしとされる以上、彼の言説は吟味を免れぬはずである。『明治の幻影・名もなき人びとの肖像』(平凡社)
| YAGURUMA"剣之助" | 2018/06/21 12:06 PM |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4516
#誰が書いてるの?
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック