ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 跳び箱は、踏切板なしで跳べるだろうか | main | 原爆はどういう犯罪か >>
概念は人間にとって実在する

概念とはどういうものか。

 

それをイメージするひとつの方法は、数学である。

 

2x - 1= x + 3

 

という式があったとして、この x や数字や等号が表しているものは色も形もないが、思考の対象にできるし、移動もできる。

 

y= x - 1

 

という関数なら、x も y も変化しながら相互に関係しあっている様子が思考できる。 

 

移動でき、変化し、関係しあうもの。それは人間の思考にとって実在するものである。

 

ハイゼンベルクは、

 

「ミクロの世界では、物質は数学的対象のようなものになる」

 

と着想して、量子力学を切り開いた。

 

彼は、運動するミクロの物質を、確率的な波動、つまり数学的対象としてとらえたのであった(小島寛之『算数の発想』NHK出版、2006年、21-22頁)。

 

記号やミクロの物質を、人間は数学的概念としてとりあつかうことができる。

 

同様に、生物イヌを、人間は概念「イヌ」としてとりあつかうことができる。概念「イヌ」は、数のように移動でき、変化し、他と関係しあう。

 

概念は、人間の思考にとって実在する。

 

このことを若いうちから理解しておけば、人間を理解することに役立たないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の文法 トランス・グラマー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4497
#誰が書いてるの?
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック