ごきげんようチャンネル




そらになる心は春の霞にて よにあらじとも 思ひたつかな

西行



<< 言語の一般構造 マルクスの「価値」からわかること | main | "学校は若い人の集団" でいいのだろうか >>
略奪の海 海南島の鉄鉱石船

歴史の論文の描写には、名文がふくまれることがある。

 

次の例はどうだろう。

 

日中戦争期、中国南部の海南島を占領した日本軍は、内地(日本本国)から技術者を呼び、島の鉱山を開発し、じっさいに掘り出す。

 

そして、

 

 

「海南島の開発、とくに石祿や田独鉄鉱山の開発、鉄鉱石積出しのための八所や楡林の築港がすすみ、[19]44年3月には鉄鉱石船が内地に向かった。」

 

(藤原彰「海南島における日本海軍の『三光作戦』」同著『天皇の軍隊と日中戦争』大月書店、所収、150頁)

 

 

鉄鉱山の開発、築港、そして鉄鉱石を満載して出航する船。すべてのものが、戦争という略奪を象徴している。

 

船が「内地に向かった」とだけあるのも、想像をかきたてる。船が内地に着いたかどうかはわからない。途中の海で攻撃されて沈んだのかもしれない。

 

深海へと、黒々と落ちていく鉄鉱石。なんの役に立つこともなく、ただ消耗された資源。

 

重厚な映画の一場面のようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 05:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4494
#誰が書いてるの?
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック