ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 人間は人間のために生きているのではない | main | 規範には、主体的規範と客観的規範がある >>
人間は仮象にあざむかれる

『資本論』第一巻に、「対象的外観によってあざむかれる」という印象的な表現がある。

 

 

 

「一部のエコノミストが商品世界に貼り付いたフェティシズムまたは社会的労働規定の対象的外観によってどれほどあざむかれたかは、なによりも交換価値が形成されるに際しての自然の役割についての長たらしくて、愚かしくも子供じみた争いが証明している。
 

交換価値は、物に費やされた労働を表現するための、ひとつの限定された社会的作法であるのだから、為替相場と同じく自然的素材をまったく含むことはできない。」

 

(マルクス『資本論 第一巻』初版第一章。訳文は、筑摩書房版マルクスコレクションIII、2005年、321頁による。イタリックは引用者。この文は資本論第二版にもある。新日本出版社版なら、第一巻、140頁)

 

 

 

為替相場は、人間が社会的に共有する観念上の実在だが、実在はなんらかの「対象的外観」をもって人間の前に現れる。

 

問題は、外観から直接うけとれるものが仮象であることに気づかないことである。人間は、この仮象に「あざむかれる」。

 

言語学は、音声・文字という対象的外観からくみとれる意味あざむかれて、言語の規範たる概念、言語の実体たる認識、そして認識の実体たる認識力に思い至らない。

 

歴史学は、個人や組織や生産物の対象的外観からくる個別性あざむかれて、歴史の規範たる生産諸関係、歴史の実体たる生活、そして生活の実体たる生産諸力に思い至らない。

 

 

日常活動は、仮象のうえに成り立っている。学問は、その背後にある規範や実体に迫るべきものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の哲学 世界はトランスする | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4480
#誰が書いてるの?
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック