ごきげんようチャンネル


みにつもる ことばのつみも あらはれて こころすみぬる 三重(みかさね)のたき

   『山家集』1118

<< なぜ言語論に『資本論』が必要なのか | main | 英語は概念から入れ >>
現象・意味・個別性にあざむかれるな

『資本論』第一巻に、「対象的外観によってあざむかれる」という印象的な表現がある。

 

 

「一部のエコノミストが商品世界に貼り付いたフェティシズムまたは社会的労働規定の対象的外観によってどれほどあざむかれたかは、なによりも交換価値が形成されるに際しての自然の役割についての長たらしくて、愚かしくも子供じみた争いが証明している。
 

交換価値は、物に費やされた労働を表現するための、ひとつの限定された社会的作法であるのだから、為替相場と同じく自然的素材をまったく含むことはできない。」
 

(訳文は、マルクス『資本論 第一巻』初版、筑摩書房版マルクスコレクションIII、2005年、321頁から。第二版の該当箇所は、新日本出版社版、第一巻、140頁。太字は引用者)

 

 

為替相場は、人間が社会的に共有する観念上の実在だが、実在はなんらかの「対象的外観」をもって人間の前に現れる。

 

問題は、外観から直接うけとれるものが仮象であることに気づかない場合である。人間は、この仮象に「あざむかれる」。

 

経済学は、商品や価格や数字のような対象的外観が表す現象にあざむかれて、経済の規範たる価値、経済の実体たる労働、そして労働の実体たる労働力に思い至らない。

 

言語学は、音声・文字という対象的外観からくみとれる意味にあざむかれて、言語の規範たる概念、言語の実体たる認識、そして認識の実体たる認識力に思い至らない。

 

歴史学は、個人や組織や生産物の対象的外観が表す個別性にあざむかれて、歴史の規範たる生産諸関係(人間の生産を含む)、歴史の実体たる生活の生産、そして生活の実体たる生産諸力(人間をつくる力を含む)に思い至らない。

 

 

日常世界は「対象的外観」すなわち仮象である。学問は、対象的外観の背後にある規範や実体に迫り、その認識によって日常世界の実相を映しだす鏡となるべきものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4480
#誰が書いてるの?
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック