ごきげんようチャンネル




そらになる心は春の霞にて よにあらじとも 思ひたつかな

西行



<< 人類は自然の一呼吸にすぎない | main | 人間は、問題の解決方法をすでに知っている >>
「意味」とは、仮構と現実の関係認識である

以前聴いた講演で、奈良の有名神社の宮司さんが、

 

「神々の世界は人智を越えた世界です」

 

と言っていた。神々の気持ちを人間が察するのは難しい。だから、どうお祀りしたらいいか、なかなかわからないものだと。

 

もちろん、神々の世界は人間の想像力がつくったものではあるが、いったん立ち上がった神々はたがいに関係をつくり、人間の世界とは別の、独自の世界をつくる。ギリシャ神話しかり、キリスト教の三位一体しかり。

 

小説も、絵画も、映画も、そういう独立した観念世界をつくることである。

 

 

人間は仮構の世界を作ってやまない。それはなぜだろう。

 

それは、仮構によって現実の世界を照らし出し、この世の意味を知るためである。

 

 

人間が交換しあう力の本質には、価値・意志・意味の三種類がある。仮構によって現実の世界を認識させる力の本質が、意味である。

 

 

仮構は現実から独立するが、現実からの反射もうける。この循環のなかで、すぐれた仮構が選び出される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4427
#誰が書いてるの?
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック