ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 認識は社会的認識と個人的認識の二面をもつ | main |
言語の一般構造

「言葉とはなにか」に答えることが言語学の第一歩だとすれば、言語学は、あらゆる言語に共通する一般構造を指摘しなければならない。

 

『資本論』には、こういう例がのっている。ある量の小麦は、ある量の絹とか鉄のように、さまざまなものと交換可能である。

 

 

 

ある量の絹=ある量の小麦

 

ある量の鉄=ある量の小麦

 

ある量の牛皮=ある量の小麦 

 

 

 

この等式のリストは、そこに「同じ大きさの、ある共通のものが現実に存在している」ことを示している。(『資本論』第一巻上、ちくま版マルクスコレクションIV、58ー60頁から)

 

これを言語に引きつけていうと、たとえば、「ありがとう」という認識に、さまざまな表現態(音声・文字)を等置して表現できる。

 

 

 

表現態 A =「ありがとう」という認識

 

表現態 B=「ありがとう」という認識

 

表現態 C=「ありがとう」という認識

 

 

 

等式の左辺と右辺をつなぐ「ある共通のもの」。それは、個々人に特有の表現態や認識のちがいを超えて共通する認識である。この社会的平均的認識をもたらす基準が、「概念」である。

 

言語を構成する一般的関係は、次のような図で描ける。

 

 

 

 

     表現態          意識(心) 

  ▽

      

           認識力

 

 

 

 

人間は、認識力によって自分の意識を認識し、それを表現態にする。この表現態が言語である。

 

概念をとりまとめる体系つまり言語規範が、この ▽ のまんなかにくる。認識力は、対象を認識するときは概念形成規範、認識を表現するときは表現規範、表現体を認識するときは意味規範に依拠する。

 

 

 

この▽ が、言語の一般構造である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の文法 トランス・グラマー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4426
#誰が書いてるの?
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック