ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 人間は宇宙のミニチュアである | main | トランスは常識である >>
物品(土台)と組織(上部構造) なぜ、どこがちがうか

政治を学問的に理解する難しさは、経済学と比べると浮き彫りになる。

 

経済学では、人間と自然の関係が基礎になり、生産された「物」として現象するものを直接、対象にできるから、数学的な処理に適する内容も多い。また、経済的な事象は、権力による規制・干渉なしで展開しうる。

 

ところが政治学は、人間が内面にもつ規範とそれにもとづく行動が対象となるから、観念が直接の問題となる。また、政治的な事象は、条件次第で政治的事象へと転化しうる社会的事象や社会的権力のあり方にまで対象を拡大しなければ理解できない。つまり政治は、独立した事象として扱いにくい性質のものである。

 

政治学が経済学よりも古い学問であるにもかかわらず、これまで「ごくごく凡庸」な理論しか生まれなかった原因は、政治のこうした扱いにくさにある(滝村隆一『国家論大綱』第一巻上、54-57頁)。

 

経済的事象は「他の社会的事象と実体的に明瞭に区別される、独立的な事象」(同上書、56頁)であって、国家権力とは理論的に別次元のものとして扱えるという滝村隆一の指摘は、重要である。

 

ここに、資本と国家の区別と統一の根本的必要性が示唆されている。

 

 

以上のことを拡張していうと、政治学だけでなく、これまでの人文社会科学は、人間の観念を扱うための理論と方法を知らなかったということである。

 

このことの影響は、心理学や言語学の現状に現れているし、歴史学でもほぼ同様であろう。哲学も、まさに人間の観念を対象にしながら、確実な基礎がつかめず手探りしているうちに、いまや無用の長物化しつつある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4387
#誰が書いてるの?
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック