ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 定住革命という人類史のポイント 「交通」概念の洗練を | main | 学問は日常的意味を超えた概念の世界の構築 >>
英語は名詞にはじまる

<実体と属性>は、アリストテレス以来の哲学用語である。

ギリシャ哲学の藤沢令夫(ふじさわ・のりお 元京都大学教授)氏によると、<実体・属性>の区別はアリストテレス(前384‐前322。日本の縄文時代末期の人)の『カテーゴリアイ(範疇論)』という書物にはじまる。

たとえば「この花は赤い」という表現において、「花」はさまざまの知覚的な属性(この場合「赤い」という性質)をもつ。その属性を支えまたは担う何ものか(基体)が「花」と呼ばれており、これが実体である。

「性質をもつその当のものと、そのものに所属する性質自身とが区別され、この区別が基準に据えられると、前者は独立して存在しうる<実体>であり、後者は実体に所属し実体に依存してはじめて存在しうる<属性>であるという考えが、そこから生まれてきます。」(藤沢令夫『ギリシア哲学と現代』岩波新書、1980年、36頁)

アリストテレスの「実体と属性のカテゴリー分け」(アリストテレスは10個のカテゴリーをあげている)は、じつはギリシャ語の品詞に対応しており、「実体」は名詞に、性質などの「属性」は形容詞や副詞・動詞に対応しているといわれる(村上恭一『論理学講義』成文堂、1998年、75頁)。

 

もしそうなら、<実体と属性>という哲学の認識は、言語の仕組みが起源である。このことは、人間が言語で思考する限り、対象は名詞(実体)としてとらえられ、それが動詞、形容詞(属性)をもつという理解をせざるをえないことを意味する。この結合がそのまま表現される言語もあれば、そうでもない言語もあるが、どの場合も対象は、人間にとって<実体と属性>の結合として理解されるのである。

 

だが、実体とその属性という概念が今日の文法で積極的に活用されているとはいえない。

たとえば比較的新しい一般向け英文法書によると、「名詞」とは「人、もの、事柄などを表す語」で、「形容詞」とは「人・もの・物事の状態や性質を述べる語」と説明されており、名詞とは「実体」を指すもので形容詞は実体の「属性」を指すことは、よほど注意して読まないとわかりにくい。(宮川幸久ほか編著『アルファ英文法』研究社、2010年、68、223頁)。他の文法書でもこうした説明が多い。

一般向けに「実体」「属性」などと説明するのは堅苦しいということもあるだろうが、近代の言語学が学としての独立をめざす過程で伝統的な哲学の概念を回避したことも原因のひとつであろう。これによって近代の文法は平明さを獲得したと同時に、理論的な基盤を喪失した面がある。

 

 

英語は、<実体と、その属性>という人間の普遍的な対象理解のマナーがストレートに表現される言語である。ゆえに、名詞すなわち実体を英語がどう認識し分類しているかは、英文法の最初の課題となるはずである。

 

トランス・グラマーが英語の名詞(実体)を重視し、詳しく分類しているのは、言語の普遍的な仕組みと、英語の特性からきている。

 

 

 

トランス・グラマー全体編

 

https://note.mu/ymiura/m/m692d6f6108f1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の文法 トランス・グラマー | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4345
#誰が書いてるの?
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック