ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 価値・意志・意味は、受け手の能力による転体 | main | 意志はしぼるほどよい 意味は拡散するからおもしろい >>
価値形態論の理解には二つのトランスが必要になる

下図のように、労働主体(労働力)は労働対象を商品すなわち相対的価値形態へと転態させる。

 

 

 

 

   商品(相対的価値形態)                 労働対象

   ▽

              

                労働力

 

 

 

上記の右辺は労働力の生産的消費(労働)。上辺は商品の消費的生産(生産)である。

 

 

左辺の交換のプロセスで価値が発現し、ここがマルクスのいう価値形態論になる。そのトランスは、上のトランスとは別の主体たる買い手の価値概念が出発点になり、次のようになる。

 

 

               

 

              

               価値

 

 

   ▷  相対的価値形態

              

 

               買い手の価値概念

 

 

 

等価形態は、このトランスの中心、規範の位置にある。

 

マルクス『資本論』の価値形態論の I ~ IV の諸段階は、特定の商品が一般的等価形態すなわち全社会一律の価値基準となり、買い手が価値という概念を身につけるプロセスの叙述である(これは特定の表象をもつ概念が、社会的規範として成熟するプロセスとパラレルである)。

 

資本主義以前の時代では、地方によっていろいろな物品が貨幣の役割を果たした。また、権力からみた貨幣的物品と、生活者からみた貨幣的物品が異なることもあった。

 

江戸時代には、権力からみれば、貨幣とならんで米が物品の等価形態であり、他方で武士や庶民の生活面では、貨幣や米以外の物品もしばしば等価形態として用いたようだ。日本では価値形態 II あるいは III の時代が長くつづいたのだ。

 

商品の価値が一元的に一般的等価形態すなわち貨幣によって表示される価値形態 IV の段階。あらゆる人間が労働対象になるだけでなく労働力商品になり、「価値」を測られる段階。それは、一般的等価形態すなわちあらゆるものの価値を測る規範たる統一貨幣が確立する明治以降である。

 

その意味で、価値形態論の行論は、歴史の象徴的叙述でもある。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4293
#誰が書いてるの?
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック