ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 客体にも転体にも独自の規範がある | main | 私考 おわり >>
私考 その1

宇宙のなかの小さな存在。それが地球であり人類だ。

 

地球は、太陽からの距離と大気のおかげで、宇宙の力から保護された環境をもつ。

 

ところが人類は、宇宙の力を直接、地球上に出現させ、全地球に拡散してしまった。おそらくこれは、もはや制御できない。

 

社会科学と社会の仕組みが幼稚なせいで、差別や戦争や景気変動や利益第一の行動を除去することもできない。

 

人類は、ときに痙攣的変化を体験しながら、自滅するだろう。

 

もちろん、人類が自滅しても、それは宇宙にとってどうでもいいことだ。

 

 

 


 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の哲学 世界はトランスする | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4250
#誰が書いてるの?
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック