ごきげんようチャンネル




そらになる心は春の霞にて よにあらじとも 思ひたつかな

西行



<< マルクス生誕200年 風貌と学説の説得力について  | main | 三浦つとむに欠けていたもの 道半ばだった『資本論』の言語への適用 >>
概念は感覚ではない 人間は芯のところでは概念を生きている

意味論の専門家の話を聞いたら、人間の日常的な身体経験が英語の前置詞の元にあるということを力説していた。

 

これは近年流行の見方で、そういうことを図解した本もある。

 

この見方は言語の大事な面を言っていると思うが、言語観が浅いような気がする。

 

身体経験という感性的なものに関心がとどまりがちで、感性を超えて成立する概念に十分気づいていない。

 

 

...

 

 

マルクス『資本論』第一巻の価値論を読むと、似た展開になっている記述が何箇所かある。どれも、マルクスがあることをなんとかして説明しようとした部分である。

 

「あること」とは、人間が現実の対象を観察するときの感性と、人間にとっての商品の価値という、感性を超えて成立する概念の区別である。人はこの区別がなかなかできない。このことをマルクスは知っていたから、彼は『資本論』のなかで、くりかえし同じことを指摘したのである。

 

そうした記述の例をあげよう。

 

 

「たとえば、物が視神経に与える光の印象は、視神経それじたいの主観的刺激としてでなく、[人間にとっては] 目の外部にある物の対象的な形をとってたちあらわれる。」(マルクス『資本論』第一巻、ちくまコレクション版、111頁)

 

 

つまり、人間が受けとる光の印象は、身体の内部にあるというより、身体の外部にある「物と物との関係」として映る。これに似て、価値は人間の頭脳の産物、つまり概念であるのに、あたかも商品と商品のあいだに存在するかのように映る。人間の内で生じたものが、身体の外にあるように見えるということである。これをマルクスは「位置の取り替え quid pro quo 」と呼んだ(同上書、111頁)。

 

そして、ここからが肝心。

 

視覚の場合は、「光線が現実に [人間に] 投げかけられる物理的な関係」つまり感覚である。ところが価値という概念は、「生産物の物理的性質とも、物理的性質から生まれる物的関連とも、まったく関係がない」(同上書、111頁。太字は引用者)。

 

視覚は人間と、人間の外部との物理的・感性的な関係だが、価値は人間が内にもっている、感性から自立した規範、すなわち概念である。

 

同じく超感性的な「人間の頭脳の産物」の例として、「神」のような宗教的概念がある(同上書、111-112頁)。いったん「神」という概念を内にもった人間は、日々の感性的な出来事から自立した規範として、「神」を生きていく。

 

 

...

 

 

心理学の認知研究の影響をうけた現代の意味論は、人間の感性的な体験にうったえて言語を説明しようとする。これは魅力的な近道のようにみえるし、じっさい、たとえば英語の前置詞を直感的に習得するには、ある程度有用であろう。

 

ただ、言語の直接の規範は、感性ではなく概念である。「上」とか「空っぽ」とか「熱さ」のように、感性的な体験がベースになっている概念もある。「火曜日」とか「進化」とか「ビット」のように、感性的体験から離れた概念もある。

 

いずれにせよ、概念となれば、それはもはや感覚ではない。概念は五感とつながってはいるが、「人間の頭脳の産物」(マルクス)であり、超感性的な規範である。感覚ではないからこそ、概念なのである。言語は、感性を超越した概念によって成立する。

 

言語表現がもつさまざまな意味の背後には、概念がある。概念は、そのときどきの感性的現実から自立している。だからこそ、小さな部屋にこもって、壮大な小説が書ける。

 

現在流行の認知論的意味論については、このあたりを留保しておくといいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の文法 トランス・グラマー | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
認知意味論はラングを言語本質とする構造言語学のパラダイム下にあり、意義と意味の相違と関連を捉えることができていません。

このため、感性的認識(認知)と超感性的認識(概念的認識)の区分と関連を明らかにすることができず、認知心理学者であるマイケル・トマセロは共同注意に言語の本質を求め、人の認識と動物の認識を同一次元に平面化しています。

対象→認識→表現という表現の過程的構造を捉えられずに、対象→表現という短絡思考に陥る論理的強制を受けることになります。

ここには、宗教批判をヘーゲルの観念論的弁証法の転倒で完了したとするマルクスの唯物弁証法のキリスト教単性社会での思考の限界が露呈していると愚考しております。

貴、トランス・ヒストリーがこの限界を超え人文科学のコペルニクス的転回の端緒となることを願っております。■
| YAGURUMA"剣之助" | 2018/03/18 12:51 PM |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4236
#誰が書いてるの?
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック