ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< オウムになるな(その1) 中津燎子『なんで英語やるの?』から | main | オウムになるな(おわり) 中津燎子『なんで英語やるの?』から >>
オウムになるな(その2) 中津燎子『なんで英語やるの?』から

■町の英語教師になった著者が遭遇する仰天の日本人英語。

 

これをなんとかしようと格闘するうち、著者は彼らの「英語」と自分の知っている「英語」を混ぜ合わせて、「新しい言語」をつくっているような気がしてくる。  30頁

ここから、一読者として私は思った。

そもそも混ぜ合わせる以前に、日本人が英語だと思っているものは、日本人がつくった「新しい言語」つまり ”エーゴ” ではないだろうか。

ある大学生が「俺たちは結局、大学までかかってある種の音なし符号文字を習ったんだなあ」と言ったという。137頁

 

これも似たことを言っている。

英語の文献資料を使ってきた私も、自分の「英語」は50歳前まで「ある種の音なし符号文字」つまり ”エーゴ” だったと思わざるをえない。それを私が自覚したのは、自分の発音や冠詞の不安定さだった。

日本で生産され日本で消費される ”エーゴ”。それはアルファベットという「符号文字」を使った日本語の補助表現である。

「オーバースロー」「リストアップ」のような日本語感覚を満足させる自作カタカナ語のほか、

 

 


New Open(新装開店)

 

 


のような”エーゴ”の掲示文の簡潔さと洗練は、補助表現として完璧である。
 

"エーゴ"は、英語ではない。しかし、われわれは、日本語の補助表現として "エーゴ" を発達させてきた。

著者・中津氏は日本語の補助表現としての「エーゴ」を否定しようとしたようだが、それはドンキホーテに近いことである。

”エーゴ”には独自の論理と存在理由がある。それは「間違った英語」のようにみえるかもしれないが、ほんらい英語ではなく、日本語の一部として確立したのであり、日本語としてみれば、間違っているわけではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 日本に英語はない | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4050
#誰が書いてるの?
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック