ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 彦根城 私のベストショット  | main | "アイドンノー" 現象発見! >>
イエスはいつも試されて十字架にいる

高久眞一『キリスト教名画の楽しみ方 イエスの生涯』(日本基督教団出版局、2009年10月)

この本の最初に、イエスが生まれた時の様子を描いた絵がある(ルーブル美術館蔵)。6頁。

空想による絵だが、ひょっとしたら、これはキリスト教のエッセンスを凝縮した作品ではないか。



まず意外なのは、イエスだけを描くという降誕図の伝統を破って、ほかの赤子が生まれた様子もいっしょに描いていることだ。イエスを見つめるマリアのほかに、もうひとり母親が描かれている。

イエスだけでなく、ほかの赤子も絵の光源になって、下方から部屋全体を照らし出している。その肌色がなまなましい。この絵はイエス以外の赤子も描くことで、生誕というものもののなまなましさを描いている。

気になるのは、画面の左端に顔が異様に膨れた幼児が描かれていることだ。誰かの腕がイエスに向かってこの幼児を差し出している。なんとかこの子を治してほしいという親の願いの表現なのかもしれない。

のちに救い主とされるイエスだが、それならイエスはこの子を治癒できるのか?

そういう厳しい目でイエスを見ている画家の視線がある。

イエスは、たえず試されている。だからイエスを通してこの世の真実がいつも露わになる。

そういう救いの原理が描かれているような気がする。

イエスもまた試されつづける。だからそこにイエスの偉大さ、精神を永続的に革新する力が現れる。


作者の名はエールトゲン・ファン・レイデン(1498-1564)。

この人は、たんなるイエス賛美ではなく、イエスの真実を描いたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | イエスの虚像 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/4047
#誰が書いてるの?
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック