ごきげんようチャンネル



Smile, what's the use of crying?

You'll find that life is still worthwhile

If you just smile


<< will の概念は「話し手の確信」 田中茂範『表現英文法』から考える | main | 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ >>
創造とは、洗練された概念が自己組織化するまで磨きあげること

ピアニストの辻井伸之さんが、難曲「ラ・カンパネラ」(リスト作曲。1851年)をウィーンで演奏した時の画像が YouTube に出ている。

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=f2IRyrkmP7Q

 

 

激しい手の動きによって、鐘の音の美という曲の本質に、繊細に迫っていく姿が映っている。

 

 

辻井さんといえば、何年か前、彼がアメリカのコンクールで優勝したときのテレビドキュメンタリーで、審査員の一人が、

 

 

「彼の演奏には、天から舞い降りたような、この世のものではないような、不思議な瞬間がある。そういう天才を、私たちは待っていたのです」

 

 

というようなことを言っていた。

 

 

数年前の『タイム』に、日本人バレリーナのカジヤ・ユリコさんについて、所属のヒューストンバレー団の芸術監督が似たようなことを言っている記事がある。われわれは、ユリコさんのような、「あの説明しがたいものをもった人 somebody who has that unexplainable thing 」を探しているのだ、と。

 

 

 

“She has that ability to take your breath away at times on stage,” says artistic director Stanton Welch, who’s teaching today’s class. “That’s what you’re looking for as a choreographer and a director: somebody who has that unexplainable thing.

 

http://time.com/4037535/yuriko-kajiya/

 

 

 

しかし、芸術の主人公は、それを演じるピアニストやダンサーではない。作品を作った作曲家や振付師でもない。芸術の主人公は、洗練された概念である。芸術が目指す概念は、誰が創造し、誰が演じるかといった、生身の人間の問題とは別の次元のものである。

 

高度な概念は、自己組織化する。はじめ現実の鐘の音に触発された美の概念は、音どうしの自立的関係へと昇華する。

 

日常的現実を超えた概念の世界を、ピアニストやダンサーが表現してくれる。優れた表現の中のある瞬間に、われわれは洗練された概念の本質を認識でき、この世にあることの意味を感じることができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | スタバスタイルの塾を作りたい | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3981
#誰が書いてるの?
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック