ごきげんようチャンネル



Smile, what's the use of crying?

You'll find that life is still worthwhile

If you just smile


<< 自己紹介に "I am Taro. " は、なぜおかしいか | main | 創造とは、洗練された概念が自己組織化するまで磨きあげること >>
will の概念は「話し手の確信」 田中茂範『表現英文法』から考える

英語教育論、英語文法論で知られる田中茂範氏(慶應大学教授)の本を見ていたら、will について、氏の説明が進化していることに気がついた。

 

 

2008年の本では、

 

 

「willは現在の意志・推量を表す」

 

 

となっていた(田中茂範『文法がわかれば英語はわかる!』NHK出版、2008年、34頁)。この説明だと、「意志・推量」が誰によるものなのかがはっきりしない。

 

 

ところが、2013年の本では、

 

 

「will は発話時における話者の『意志』か『推量』を表す」

 

 

となっている(田中茂範『表現英文法』コスモピア、2013年、280頁。太字は引用者)。will は主語の意志や推量ではなく、話者の意志や推量を表す、と明記されたわけである。

 

 

しかし、will について、その他の説明部分には大きな変化がないように見えるし、そこに問題が残っていると思う。

 

 

 

どちらの本も、will が表すのは「意志か推量」であるといい、意志の他になぜ推量の意味もあるかが、かなり丁寧に説明してある。だが、氏の説明を読んでも、意志と推量の違いがピンとこない。

 

 

If it rains tomorrow, I'll stay at home. のように、条件のif 節ではwill を使わないが、その理由についての氏の説明は、どちらの本でもよく理解できない。

 

 

「時・条件などを表す節の中には、推量の余地のない確定的な内容が含まれるため、推量の意味合いがあるwill は使えない」(『文法がわかれば...』2008年、前掲、35頁)

 

「条件のif 節では推量を含まない内容(条件)を語るため、『推量』のwill は使わない」(『表現英文法』2013年、前掲、282頁)

 

 

氏が言いたいことは、if が表す条件は客観的で、will が表す推量は主観的だから、両者は同居できないということなのかもしれないが、そういう理解でいいのか、この説明ではよくわからない。

 

 

 

 

上記の ↓△箸癲∪睫世曖昧な感じがする原因は、共通していると思う。

 

 

その原因とは、文の中で、 will が表す認識上の機能、意味を分類しようとする発想が先立ってしまい、will が本来どのような概念であるかを解明しようという意識が薄いからである。

  

概念は、話し手の具体的な認識とは別次元の、対象の抽象的な本質についての観念であり、認識にとっての規範である。概念は、それぞれ単一の実体として概念の世界にあり、他の概念と関係を結びながら存在している。will の場合なら、may, can, must などと共に、ひとつの群れを作っている。

 

物質的な現実のなかにいる個々の話し手は、自分の具体的な認識を、概念を使って表現する。その結果として、ひとつの概念から複数の「意味」が発生するのである。

 

このことは、以下のような三層でイメージすると良いかもしれない。

 

 

 

 

物質的現実  ー  個人が作る認識  ー  社会が共有している概念

 

 

 

 

話し手の直接の表現対象は、話し手の体内の個人的認識であって、体外の物質的現実ではない。このことは、認知文法の浸透などでかなり理解されるようになった。問題は、個人的認識と社会的概念の区別と関係が、まだあまり理解されていないことである。

 

個々の例文は、社会的概念をもとにした個人的認識の表現である。こうした個々の例文がもつ「意味」を分類することが、そのまま社会的概念の解明になるのではない。will の概念は、個々の例文(認識例)や他の関連概念を参照しながら、研究者が言語によって独自に言い表す必要がある。

 

will の概念は、「話し手の確信」である。この概念は、will の例文や、may, can, must など、話者の判断の揺れを表す同類の概念との対比において定めることができる。この単一の概念から、個々の認識においては、意志とか推量といったいくつもの「意味」が派生してくる。

 

 

氏の『表現英文法』(2013年)の will の項には、「will が表す4つの意味」という相関図が掲載されている。図の中心にある will から、「意味の表明」「推量」...といった四つの「意味」が 放射状に派生している様子が描いてある。281頁。

 

ところが、四つの「意味」の中心にある "will" のところには、何も書かれていない。このことが、本書の弱点を象徴している。そこにwillの概念として、「話し手の確信」と書きこめばよかったのである。この本にあげてある、いくつもの will の例文は、「話し手の確信」という概念をもとにした話者の認識の表れとして、どれも説明できる。

 

 


 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の文法 トランス・グラマー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3957
#誰が書いてるの?
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック