ごきげんようチャンネル



春ごとの花に心をなぐさめて 六十(むそぢ)あまりの年を経にける


西行

<< 宇宙は死の世界 | main | 宇宙は観音であり明王 >>
北斎は雲になった

葛飾北斎の「凱風快晴」は、画家の視点が上空にある。

 

北斎は雲になったのだ。

 

 

 

 

 

『冨嶽三十六景』より《凱風快晴》
文政(1818〜30)末〜天保(1830〜44)前期

 

 

 

 

雲は、地(如来)にある水(菩薩)から沸き起こり、風(天部)のエネルギー(明王)を受けて、あるとき、ある形をとり、流れて行く。全体を満たすものは、光(毘盧舎那、大日、阿弥陀)である。

 

地は生の世界、空は死の世界。

 

雲は、生と死の統一である。

 

北斎は雲になり、消えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

          地の生と空の死。人は行く雲の如し。

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の哲学 世界はトランスする | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3941
#誰が書いてるの?
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック