ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< "ヘンな教師ばかりだった” というホンネ | main | "数がダンスをリードする" 戦争・抗争・競争  >>
<かぐや姫> 虚構で現実を照らし出す仕掛け

平安時代の竹取物語。これを江戸初期編集のテキストで読んでみると、なかなかおもしろい。
 


http://sky.geocities.jp/okamepapa07/taketorimonogatari1.html
 


思ったことを、いくつかメモしておきたい。



かぐや姫の「ひかり」が、地上世界の実相を照らし出す


「三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり。うつくしきこと、かぎりなし」

翁が見つけたかぐや姫の身長は、10センチくらい。三か月でみるみる大人の美女に。

意外とわからないのが「かぐや姫」という名前の意味。たいていの本が仮名で書いているが、写本のなかには、「赫映姫」(かぐやひめ)と書いている例がある。当て字だろうが、これをヒントにすると、
 


「赫赫(かくかく)と、すべてのものを明るく映しだす姫」
 


つまり「地上世界の実相を照らし出す姫」という意味にとれる。じっさい、かぐや姫は、その「ひかり」で人間世界を照らし出す。


まわりを癒やす「ひかり」の姫

かぐや姫がいるおかげで、翁の家はあかあかと光に満ちていた。

 

 

「やのうちは、くらき所なく、ひかりみちたり」

 

 

翁は、「この子をみれば、くるしき事もやみぬ。はらたゝしき事もなぐさみにけり」
 

 


現世の愚かさを明るみにだす「ひかり」の姫

五人の貴人たちの求婚をかぐや姫がたくみに回避し、男たちを翻弄する部分は、この物語のおもしろいところ。

もちろん、かぐや姫は「変化の人といふとも、女の身もち給へり」。すなわちエイリアンであり、女性でもあった。男の世界への批判の物語だといわれるゆえんだが、男だけでなく地上全体が「きたなき所」だというのが物語の思想だ。

かぐや姫は、現世の愚かな姿を照らしだす「ひかり」なのである。

 



別れをあきらめきれない人間の業を照らし出す「ひかり」の姫
 

かぐや姫が去る夜の月の明るさは異常なほどで、それが素晴らしい場面効果を生んでいる。
 


「よひうちすぎて、ねの時ばかりに、家のあたり、ひるのあかさにもすぎてひかりたり」
 


この強烈な光の下で、翁たちは「ちのなみだ」を流してかぐや姫を引き留めようとする。別れを嘆いてもせんなきことと知りながら、あきらめきれない人間たちの姿が描かれている。

 

ここには、仏教の愛別離苦の思想、そして無常観があるようだ。この場合、無常とは、強い光によって現実が明らかになったとき、かえってあっけらかんと生きられるという意味での無常にも通じる。

世界を離れたところからみる客観的な視線。それが思想の要諦である。仏教の発想は、よくよく日本人の思想性を深めたのだ。



 

翁の「くどく」かぐや姫の「つみ」

「をのが身は、此國の人にもあらず。月のみやこの人なり」

別れが近づいて、そう名乗ったかぐや姫だが、驚くのは、かぐや姫はたんなる月からの使者ではなかったことだ。

姫自身は「むかしのちぎりありけるによりなん、この世界にはまうできたりける」と説明する。ところが、月からの使者は、「むかしのちぎり」とは、ズバリ「つみ」であったことを告げる。


「かぐやひめは、つみつくり給へりければ、かくいやしき をのれ がもとに、しばしおはしつるなり。つみのかぎり はてぬれば、かくむかふる」
 


あかあかと地上の実相を照らしだしたかぐや姫は、無垢ではなかった。

 

なぜ月の世界が、かぐや姫を翁に送り、富を与えたかというと、「いさゝかなるくどくを、おきなつくりけるによりて、なんぢがたすけにとて、かた時のほどゝて、くだし」たのだと、月の使者は説明する。

 

姫の「つみ」がなんであったか。翁の「くどく」がなんであったか。物語はなにも説明していない。

かぐや姫の魅力は、「つみ」の中身という永遠の謎にあるのかもしれない。


 ■文学的な表現の妙が細部にあること

物語の思想は、その構造が伝える。そして物語の味わいは、細部からたちのぼる。

 

たとえば、天の羽衣を着せられたとたん、地上のことを忘れてしまうかぐや姫の描写。
 

 

「中将とりつれば、ふとあまの羽ごろもうちきせたてまつりつれば、おきなをいとおし、かなしとおぼしつる事もうせぬ。このきぬきつる人は、物思なくなりにければ、くるまにのりて、百人ばかり天人ぐしてのぼりぬ」

 

 

涙にくれていたかぐや姫が羽衣を着た瞬間、人形のように無表情になり、月明かりのなかを、華やかに天に昇っていく。

 


そして最後に帝は、かぐや姫が残した不老長寿の薬を富士山頂で焼き払う。
 


「そのけぶり、いまだ雲のなかへたちのぼるとぞいひつたへたる」
 

 

かぐや姫の不老長寿の薬をもって、帝は天上世界の永遠の生命を得たかに見えた。しかし人間の代表たる帝は、これをあえて焼き払った。それは世の理(ことわり)を理解し、人間としての運命を生きるというあきらめ、決意を示したのかもしれない。

 


こうして、永遠にたちのぼる煙のように、物語は終わる。

 

 

 

 

 

 

権力や欲望が支配する昼の世界の愚かさを照らしだすには、夜、静かに輝く月の光がふさわしかった。光源氏が人間の光として現世の実態を照らしだしたとすれば、かぐや姫は月の光をもって地上の実態を照らしだした。

 

かぐや姫は、地上の翁、帝たちに希望を与えたという意味で、一種の菩薩でもあった。そして、なすべきことをなしたあとは、すべてを人間に任せて天上世界へと帰る無情の存在でもあった。


月からの地上への贈り物が引き起こす騒動。それを描くことで、仏教的思想が一気に物語的な構造を与えられた。

竹取物語は、現存する日本語の書き物のなかで最初の本格的な「物語」だといわれるが、みればみるほど巧みな出来栄えだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3921
#誰が書いてるの?
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック