ごきげんようチャンネル



Smile, what's the use of crying?

You'll find that life is still worthwhile

If you just smile


<< 概念とは、それに無限に接近する認識の過程である | main | いじめは「作られる」 斉藤学氏のコラムから >>
マルクス「史的唯物論の定式」の読み方 結果と過程を混同しないで読む 

よく知られているように、マルクスの「史的唯物論の定式」には、次の言葉が含まれている。

 

 

 

「この生産諸関係の総体は社会の経済的機構を形づくっており、これが現実の土台となって、そのうえに、法律的、政治的上部構造がそびえたち、また、一定の社会的意識諸形態は、この現実の土台に対応している。」

 

 

 

この部分の理解について、いまだに定説といえるものがない。三浦つとむによると、

 

 

 

「それは、過程と結果を混同するためである。」

 

 

 

という。(津田道夫編集・解題『三浦つとむ 意志論集』績文堂、2013年、184頁)

 

 

上記のマルクスの文は、「その上に」とか「そびえ立ち」といった空間的表現からうかがえるように、ある過程が生んだ「結果」の叙述である。土台の上に上部構造が立っていて、それらに対応した意識諸形態が存在するという、客観的な状態を述べている。

 

つまり、ここでのマルクスの叙述は、

 

 

 

<土台 → 上部構造 → 意識諸形態>

 

 

 

の順になっているのだが、これは実際に起こる順序(過程)とは異なる。過程から見れば、

 

 

 

<土台 → 意識諸形態 → 上部構造>

 

 

 

の順に規定されるのである。

 

 

 

三浦つとむは、このことをやや具体的に、

 

 

 

「過程としては、まず物質的な生活諸関係があり、そこから支配階級の要求が生まれ、国家意志に反映し、その維持を委託する権力が生まれる。」同上、184頁

 

 

 

と言い換えている。社会は<物質的基盤とその生産 → 支配階級の観念に基づく活動 → 国家権力の編成と活動>の順に規定される。過程から見れば、土台がまず規定するのは意識諸形態であって、上部構造ではないのである。

 

 

 

 

なるほど、三浦つとむがいうように考えた方が、歴史の見通しは良くなる。

 

 

これに付け加えれば、いったんこの構造が成立すると、今度は意識諸形態(政治思想など)が土台や上部構造のあり方を規定したり、上部構造(企業、政府など社会の組織)が土台や意識諸形態のあり方を規定したり、土台が直接上部構造と一体化したりする(たとえば、封建社会では土地の領主がそのまま政治支配層となる)ことにもなる。(下図)

 

 

 

 

 

 

 

上部構造

     ⇆

 ⇅      意識諸形態

     ⇆

土台

 

 

 

 

 

 

マルクス『資本論』で、私が以前から位置づけに迷っていたある部分も、こう考えるとその意味が見えてくる。

 

それは、<商品の生産 → 商品の交換の必要 → 交換の必要に規定された商品所有者の意志>という過程の必然性を述べた、次の部分である。

 

 

 

「商品たちは自分で市場に出かけて、自分で交換しあうことができない。... これらの物を商品としてたがいに関わらせるためには、商品の保護者たちが人格としてたがいに立ち向かいあわなくてはならない。... 一方は他方の同意を得てのみ、したがってどちらも両者の共同の意志行為に媒介されてのみ、自分の物を譲り渡すことで、他人の商品を手に入れるのである。だから彼らはたがいに私的所有者として承認しあわなくてはならない。この権利関係の形式は、法律として発展しているかどうかにかかわらず契約であり、経済的関係が反映している意志の関係である。この権利関係または意志関係の内容は、経済的関係そのものによって与えられる。」(『資本論』第一巻、第二章「交換過程」冒頭。訳文は筑摩書房マルクス・コレクションIV、129頁より。太字は引用者)

 

 

 

人の意識は、自分が所有している(と思っている)もの(個人的には私有物、地位、情報など。社会的には「土台」)に規定される。所有するものは、物質(体外)でも観念(体内)でも良い。所有に規定された意識が意識諸形態(行動や表現)となり、この意識諸形態が社会的に分有され止揚されて、上部構造(私的には会社組織、公的には法律や国家機構の編成など)を生成・変容させる。

 

 

上記の資本論の文は、主として土台=物質的生活過程の範囲での叙述であり、そこで生まれる意識(「意志」)が、「法律」のような上部構造の規範を規定する面は詳しく書かれていない。その意味でこれは断片的な叙述であるが、<物質(商品生産)→観念的物質(商品所有者としての意志の表現)→社会(商品所有者の相互承認を保護する法律、裁判所など上部構造の編成)>というマルクスの過程的把握が垣間見える例である。

 

 

 

こういう風に考えていくと、史的唯物論といっても、案外と常識的なものだという気もしてくる。

 

われわれ個人は、

 

 

 

<物質(身体) ⇆ 観念的物質(価値や意志や意味の表現体) ⇆ 社会関係 ⇆ 物質(身体)...>

 

 

 

という絶えざる循環のうちにある。身体という物質があって、その中で認識を作り、それを観念的物質で表現して、社会関係をとりむすぶ中で、身体としての自分を再び制御しては認識を作り、それを表現して... という右回りの循環を繰り返している。この循環がうまく反復されるには、他者の身体や社会関係を認識して自分の身体をコントロールする左回りの循環(フィードバック)も必要である。この絶えざる両方向の循環が、「生活」である。この見方は常識に近い。

 

そして、社会全体もまた、こうした循環のうちにある。社会にも個人と同様の循環があることを指摘したのが、「史的唯物論の定式」の真意であろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3919
#誰が書いてるの?
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック