ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 「われありと、われ思うがゆえに、われあり」 デカルトの明証について | main | ロミオとジュリエットを殺した詩型という思想 >>
政治家はなぜ公約を実行しないか 支持母体の特殊性と奉仕対象の一般性

The People vs. America (Feb. 2017)  というアルジャジーラの番組を見ていたら、政治家というものについて鋭い指摘があった。

 

 

http://www.aljazeera.com/programmes/the-big-picture/2017/02/big-picture-people-america-170216063801575.html

 

 

 

政治家は、選挙区の一部の住民のほか、特定の企業や政党の援助と資金によって当選する。これらは社会のなかの特殊な勢力である。

 

ところがいったん当選すると立場が変わる。全町、全市、全国といった「全体」が奉仕対象となる。

 

当選後、既存の産業や企業に大きな変革を迫ることは、そこに住む有権者の職を奪いかねない、企業が納める税金が減るかもしれないといった配慮から、なかなか出来ることではない。

 

個人としては軍縮や自然保護が重要だと思っていても、いったんアメリカ大統領になれば、世界経済の中心たるドルの威信を守るために、軍事大国の地位を降りるわけにはいかない。自国の産業に負担を加えるような規制はしにくい。国内のユダヤ勢力をつなぎとめ、石油地帯を抑えるために、イスラエルの暴挙も許容するといった配慮が必要になってくる。

 

そしてなにより、長い選挙戦のあいだに、大統領になってもかまわない人物かどうかを、既存の勢力が慎重に選んでいく。候補者は、自分が「安全パイ」であることを彼らに示さなければ当選できないことを学び、なびいていく。

 

だからもっとも望ましい候補者とは、人々に説得力のある希望の言葉をふりまきながら、既存勢力の利益は守るという二面的な才能をもった人物である。オバマこそ、その人であった。

 

 

以下、番組に登場した三人の識者の発言を抜粋し、私の意訳?をつけておく。

 

 

■Elane Brown: Former Chair, Black Panther Party

 

オバマは、アメリカの富裕層がつくるカルテル(独占利益を守るための、協定による連合)に、有望な人材として目をつけられた。アメリカ大統領は、アメリカの資本への奉仕者である。

 

 

"It didn't occur to anyone that one of the reasons that Obama could even get this far was that he had to be totally,  totally emerged and protected by a very big, I can say, cartel of rich people, who thought, 'Here's what we can do.'"

 

"This distinction between this individual President and that individual President. ...  They are there to protect the interests of the American government as it exists in service to the American corporations."

 

 

 

■Chris Hedges: Author, Death of the Liberals

 

オバマは上院議員時代、次々に企業献金をもらっていた。...この時期に、彼はアメリカ株式会社の”政治部長” として目をつけられたのかもしれない。

 

 

"Obama spent two years, only two years in the Senate.  His voting record which is the only thing which should have been accounted was one corporate giveaway after another."

 

"Our capitalist democracy which had already created systems by which most of the marginalized, in particular people of color had very little say in governance and in their own capacity to serve themselves for their society. They are really seized up. That's what happened. And that's very dangerous because when the state is unable ro respond in a rational way to legitimate grievances, it gives rise to extremism."

 

 

 

■Nomi Wolf: Author, The End of America 

 

 

オバマが大統領になった。しかし彼は、世界化した企業利益が動かす駒のひとつである。誰がホワイトハウスにいようと、世界企業を統制する力は、大統領にはない。

 

 

"Obama got in.  And he is the pawn of, you know, globalized interest, you know, I mean, the problem is not left or right. The problem is whoever is in the White House has very little reign to it."

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3885
#誰が書いてるの?
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック