ごきげんようチャンネル

Life is for those who have a hope.

Action is of those who embrace a yearning.

History is made by life and action, hope and yearning.


<< 「毛沢東」は中国語か? 発音が決定的である理由 | main | 世界は、実体/属性の連関運動である >>
ローマ字とアルファベット 似て非なるものからの出発

多くの日本人が、日本語をローマ字でも書ける。これは、明治時代にひらかなとアルファベットを対応させる工夫が行われ、それを学校で教えたからである。結果として、ローマ字とアルファベットは、同じ文字を使っている。

 

そのため、次のような誤解が生まれやすくなった。

 

 

 

<英語のアルファベットを、ローマ字風つまり日本語風に読めば、英語になる>

 

 

 

さすがに最近は、本気でこう思っている人は少ないだろう。しかし、アルファベットを見ながら、ついローマ字読みしてしまう癖から抜け出せない人は、とても多い。

 

たとえば、elite は、日本語で「エリート」に当たる語だが、これを「エリート」と発音したら、ローマ字読みになってしまう。在米20年の日本人が、 normal の自分の発音が通じないことを嘆いていたが、これもおそらく、「ノーマル」とローマ字読みするからだろう。

 

こうして、われわれに欠けているのは何かが見えてくる。それは、<アルファベットをローマ字風に読む>のをやめて、<アルファベットを英語読みする>技法である。

 

 

英語学習法としては、フォニックスがこれに近い。ただ、フォニックスは英語で育った子どもがアルファベットのつづりに馴染むためにできた方法なので、そもそも英語の発音ができない人にとっては完全な方法ではない。

 

 

 

けっきょく、二つのことが必要であることになる。

 

 

 

英語を発音する身体要領の習得

 

アルファベットを英語読みするルールの習得

 

 

 

´△領省に役立つのが、発音記号である。カナを使った独自の発音記号を工夫することも考えられるが、内外の辞書で発音記号が採用されていることを考えると、やはり発音記号を活用するのが賢明である。

 

 

 

ローマ字とアルファベットが同じ文字であることからくる誤解は、英語の習得の障害になりやすい。しかし、アルファベットは、英語習得の強い味方でもある。上記の´△あれば、英語は自分でどんどん上達できるからである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 日本に英語はない | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3874
#誰が書いてるの?
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック