ごきげんようチャンネル

"Life is too short to wake up with regrets." author unknown
           

<< 言語は実物の影ではなく、心の影である その2 | main | 言語は実物の影ではなく、心の影である おわり >>
言語は実物の影ではなく、心の影である その3

「かげ」が見えたとき、われわれは、その元があるはずだと思う。

 

ある「かげ」の元は、目に見える「物」かもしれないが、目に見えない「神」であるかもしれない。

 

ドイツ文学の池内紀氏が、こういう思い出を書いている。子どものころ、みんなと影踏みごっこをしていた。動く影を見ているうちに、影のほうが主人公で、自分はその従属物のような気がしてきた。
 

 


「自分が黒い小鬼の指図のままに身ぶり手ぶりをしているような気がして、おもわず足をすくませた。」

 

(シャミッソー(池内紀訳)『影をなくした男』岩波文庫、原作1814年、巻末の訳者解説、137頁)

 

 

もちろん、「かげ」は自分の身体を映しているのだが、子どもだった池内氏は、自分を支配している異次元の存在を「かげ」に感じたらしい。

 

さて、言語の音声や文字が、なにかの「かげ」だとすれば、それはなにを映しているのだろう。

 

この世に実在する物事の「かげ」なのか、それとも目に見えないものの「かげ」だろうか。

 

答えは、音声や文字の歴史的起源は実在する物であろうが、われわれが日々つくっている言語は、目に見えないわれわれの心を直接の源泉にしている。言語は、直接には、目に見えないものの「かげ」なのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

 


 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | トランスグラマー 希望の文法へ | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3849
#誰が書いてるの?
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック