ごきげんようチャンネル




そらになる心は春の霞にて よにあらじとも 思ひたつかな

西行



<< デカルト「われ思うゆえに…」の謎を解く パスカルの「葦」がヒントだ | main | 「it は答えである」 英語の達人・松本道弘氏の眼力 >>
チョムスキーは宇宙人である

ノーム・チョムスキー(Noam Chomsky, 1928-  )が、アルジャジーラのインタビュー番組に出演している。

 

 

http://www.aljazeera.com/programmes/upfront/2016/11/upfront-special-noam-chomsky-trump-era-161125114959227.html

 

 

 

去年の11月、トランプが当選した直後のもの。静かで明晰な語り口。もちろんチョムスキーは、トランプに対して非常に批判的かつ警戒的。

 

来年で90歳になるチョムスキー。MITを引退した今も、社会問題についての発言は先鋭的だが、彼の専門の言語学のほうは、これからどうなるのだろう。

 

私はときどき、チョムスキーは宇宙人ではないかと思うことがある。

 

宇宙からやってきて、半世紀以上にわたって地球上の才能を不毛な研究にひきずりこみ、貴重なエネルギーを消耗させた地球外エージェント。

 

そして、アメリカ人の著名学者という立場を活用して、社会問題について大胆な発言をつづけ、権力を批判し、人々を啓蒙し、勇気づけた。この功績は大きい。

 

 

人々に夢をもたせ、人々を翻弄してきた、現代のかぐや姫。

 

だとすれば、いずれ月に帰るのだろう。そして、彼は地球の人々に、かなり長く記憶されるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 生成文法は消滅する | 10:32 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
なぜ、生成文法に対してそこまで否定的なのでしょうか。
あなたの仰る通り、生成文法がただの不毛な研究であったとしても、
この世の中の事象に対して誰かが科学的なアプローチを試みることに、
なにか損害があるのでしょうか。

ある疑問に対して、学者によってアプローチの仕方や考え方、主張が異なってくる、
しかし、疑問を解明するという目的は同じであり、
それぞれが有益であることと考えます。

私自身、生成文法には懐疑的ですが、
なぜあなたがそこまで生成文法をばかげていると捉えているのか分かりません。
論理的なアプローチに対して、
あなたは論理的な反論をしているように見えません。
考えても無駄だといっているように見えてしまいます。

なぜ私がこのように時間を使い、
このコメントを書いているかを説明させていただきます。
大学時代に、ある分野の学問について、
目的は同じはずである2人の学者が、
主張の違いから、お互いの人格攻撃を行っている様を見て、
学問の追求ということに対して非常に落胆した経験が有るからです。
このなんでもない、よく世の中で起こりうることに、
当時の私はなぜかはわかりませんが非常にショックを受け、
世を悲観し大学を辞めてしまいました。
その後、独学で難関と呼ばれる資格を取得し、
今は経営者として生きており、何も後悔はしていません。
しかしやはり、あなたのような立派な方の、
チョムスキーや生成文法に対してのスタンスを見ていると、
当時と同じ悲しい気持ちなってしまいます。

長文で失礼しました。
他の記事も拝見させていただきましたが、
あなたは立派で聡明な方だと感じています。
もしお暇があれば、
学者間の対立について簡単で結構ですので、
コメントをいただければと考えています。
失礼いたしました。
| 未熟者 | 2017/12/13 11:18 PM |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3840
#誰が書いてるの?
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック