ごきげんようチャンネル



春ごとの花に心をなぐさめて 六十(むそぢ)あまりの年を経にける


西行

<< 概念は感覚ではない 人間は芯のところでは概念を生きている | main | 価値・意志・意味は、受け手の能力による転体 >>
三浦つとむに欠けていたもの 道半ばだった『資本論』の言語への適用

言語学の三浦つとむ(1911-1989)の功績のひとつは、「自己分裂」という人の心の根本機構を、ずばり指摘したことにあった(三浦つとむ『日本語とはどういう言語か』講談社学術文庫)。

 

三浦つとむの影響を受けて「言語過程説」を名乗った人たちもいた。しかし「自己分裂」の論理を受け継いだ人は、ほとんどいないようである。言語過程説の鋭い論客であった英語学の宮下慎二(1947-1982)でさえ、自己分裂の論理を活用しなかった。

 

その原因はなにか。

 

「自己分裂」は、日常的な心的事実として誰もが思い当たるものの、この一見奇矯なロジックを、三浦つとむが言語学の基礎として、きちんと根拠づけなかったからであろう。

 

三浦つとむが気づいていたかどうかはわからないが、じつは自己分裂の論理は、「社会的平均的労働力」の発揮が抽象的人間労働であるというマルクスの論理を、言語に応用したものである。

 

労働力の発揮たる労働が人間社会の基礎であるのと同様に、観念的労働力の発揮たる自己分裂は、人間の思考の基礎である。労働と自己分裂=認識が同じロジックを共有していることを指摘すれば、自己分裂はきちんと根拠づけることができたのである。

 

自己分裂とは、

 

<自己(観念的労働力)が、物理的現実を超えて自由に作動(労働)して心内の対象を認識し、その認識を物質的に表現する(生産物を作る)から、人間は社会をつくれる>

 

ということである。

 

 

もうひとつ、三浦つとむの言語学に欠けていたことがある。

 

それは、なぜ認識から言語という表現体が生まれるか、表現体がなぜ意味となるかについて、まとまった説明をしなかったことである。<認識→表現→意味>についての三浦つとむの説明は、当時の論壇への対応に忙しかったせいか、舌足らずで終わったように思われる。

 

これも、労働の生産物が他の商品や貨幣と交換されるプロセスによって価値に変換されるというマルクス『資本論』の価値形態論を応用すれば、表現体が聞き手の労働力と交換されるプロセスによって意味に変換されるというロジックが見えてくる。

 

 

 

三浦つとむは、『資本論』をはじめとするマルクスの論理を言語学に応用できた、唯一の言語学者であったと思われる。

 

言語過程説は衰退したが、それは三浦つとむがマルクスの論理をとりいれようとしたからではない。逆に、マルクスの論理を正面から活用せず、言語のロジックをきちんと根拠づけなかったことが、言語過程説の衰退を招いたのである。

 

言語のような心的現象をあつかうには、堅固な論理を基礎にしなければならない。三浦つとむが始めた試みは、終わったのではなく、これから本格化すべきものである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の文法 トランス・グラマー | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメントありがとうございます。自己分裂の論理については、同じ7月28日付の「自分と自己、どうちがうか」という記事で、不十分ながら触れています。今井本は知りませんでした。参照してみます。
| みうら | 2017/07/29 9:41 AM |
「自己分裂の論理」は、現象としては納得しやすいのですが論理的基礎づけは困難な感じがしていましたので、是非展開の程お願い致します。

 確かに、宮下の英語探求が名詞、形容詞、代名詞、冠詞で終り、動詞、助動詞へと展開されなかったのは、ご指摘の通りかと思われます。

 日本語では、今井幹夫『非常識の日本語―三浦つとむ認識論による日本語解明』が日本語理解に関する認識の運動に触れています。■
| YAGURUMA"剣之助" | 2017/07/28 11:12 AM |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3833
#誰が書いてるの?
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック