ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 仏教は空になった | main | どの主体も客体であり転体である >>
結果は瞬間。プロセスこそ永遠

客観的な結果は目に見える。だが、目に見える結果は一時的なものだ。

 

本質=規範は、目に見えないプロセス。だから永遠へとつながることができる。

 

近代日本のキリスト教文学のさきがけ、内村鑑三(1861-1930)の「基督信徒(きりすとしんと)の慰(なぐさめ)」(1893年)に、こういう話が書いてある。

 

 

支那宣教師某四十年間伝道に従事して一人の信徒を得ず、然れども喜悦以て世を逝(さ)れり。彼は得し処なかりしや。否。師父ザビエーは東洋に於て百万人以上に洗礼を施したりと雖も、恐くは現世より得し真結果に至つては此無名の一宣教師に及ばざりしならん。

 

 

中国に40年宣教して一人の信徒も獲得できないまま、喜んで死を迎えた男。この宣教師は、有名なザビエルと比較しても「真結果」を得たのではないかと、内村鑑三はいう。

 

現世的な結果は、なるほど結果ではあるが、神の基準からすれば、規範を生き抜くことのほうが「真結果」なのだ。

 

奈良薬師寺が金堂を再建しようとしたとき、大手企業から巨額寄付の申し出があったが、管主・高田好胤さんはこれを断った。庶民に写経を呼びかけ、それを薬師寺に永久保存しながら資金を集める道を選んだのだ。時間はかかったが、10億円の費用は無事に集まった。

 

庶民に写経を呼びかけるという地道なプロセスそのものに価値がある。あえて遠い道を選ぶほうがいい。高田好胤さん自身も、ますますそう確信していったという。

 

永遠の解決に入っていること。それが解決である。

 

完成への永遠のプロセスのなかにいること。それが完成なのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の哲学 世界はトランスする | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3811
#誰が書いてるの?
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック