ごきげんようチャンネル


"Obama got in, and he is the pawn of globalized interest." Naomi Wolf



<< 強いライオンになるには、羊を同化せよ  世界史は翻訳史である | main | ニヤニヤ笑いする現代の謀略屋たち トランプ政権の「パリ気候協定」離脱 >>
なぜ英文を書く・話すはむずかしいか その歴史的事情

漢文と英文は、ある意味でよく似ている。

 

格変化が(ほとんど)なく、語順に頼って意味を伝える。

 

それもあって、明治の日本人は、江戸時代の漢文訓読法を英語にも適用した。それは即効性のある外国語消化法だった。

 

それをつづけた結果、漢文と英文の大きなちがいは、「読む」ことよりも、「書く」「話す」のほうに現れた。昔の文人は、漢文がずいぶん流暢に書けたが、今の我々は、そうとうに英文を読み慣れた人でも、英文を自由に書くことはむずかしい。

 

おそらくこれは、英語は漢文ほど逐語訳ができなかったことにひとつの原因がある。冠詞がいい例である。概念じたいがもつ抽象的な形態性を表す a や -sや the は、概念を現実的にとらえる日本語の構造に組み入れにくい。もとより、冠詞のようなものは、漢文にもなかった。

 

そのため、英文を漢文訓読的に処理しようとしても、日本語らしく訳すときは、冠詞を適当に無視する以外に方法がなかった。英文は、漢文とちがって、すべての語の原意を汲み取って理解するのが難しいし、日本ではその必要もなかったのである。そしてもちろん、冠詞を駆使せずに英文を書いたり話すことは、不可能である。

 

こうして、読めば読むほど書けるようになる漢文とちがって、われわれは、英語をいくら読んでも満足に書いたり話したりできるようにはならなかった。

 

漢文と英文がもつ類似と相違。

 

この歴史的事情は、いまも生きている。逐語的に訓読しながら、冠詞などは適当に無視して「訳す」という方法がいまも授業でおこなわれ、そこに潜む欠陥が、無意識のうちに日々再生産されている。

 

このアリ地獄から脱出する方法。

 

それは、冠詞のような、日本語とは大きく異なる概念を確実に理解できる方法を開発することである。そうすれば、「英語を訳せる」ことが「英語がわかる」ことだという思い込みから解放される。

 

それにはまず、冠詞のような深い概念をきちんと解明する学問的成果が必要だが、いまの言語学にそれは期待できない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英会話 | 03:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3733
#誰が書いてるの?
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック