ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< <私を愛してくれてもいいのです>と言おう 名曲”デスペラード”のメッセージ | main | オウムになるな(その1) 中津燎子『なんで英語やるの?』から >>
なぜ英文を書く・話すはむずかしい? その歴史的事情

漢文と英文は、ある意味でよく似ている。

 

格変化よりも語順に頼って概念を組み合わせる。

 

それもあって、明治の日本人は、江戸時代の漢文訓読法を英語に適用した。それは即効性のある外国語理解法だった。

 

それをつづけた結果、日本人にとって漢文と英文のちがいは、「読む」ことよりも、「書く」「話す」のほうに現れた。昔の文人は漢文が流暢に書けたが、今の我々は、そうとうに英文を読み慣れた人でも、英文を自由に書くことはむずかしい。

 

おそらくこれは、冠詞が関係している。実体概念がもつ抽象的な存在状態を表す a や -s や the は、概念を現実的にとらえる日本語の構造に組み入れにくい。もとより、冠詞は漢文にもなかった。

 

そのため、英文を漢文訓読的に処理しようとしても、日本語らしく訳すときは、冠詞を適当に無視する以外に方法がなかった。もちろん、冠詞を駆使せずに英文を書いたり話すことは、不可能である。

 

こうして、読めば読むほど書けるようになる漢文とちがって、われわれは、英語をいくら読んでも満足に書いたり話したりできるようにはならなかった。

 

漢文と英文がもつ類似と相違。

 

この歴史的事情は、いまも生きている。逐語的に訓読しながら、冠詞などは適当に無視して「訳す」という方法がいまも授業でおこなわれ、そこに潜む欠陥が、無意識のうちに日々再生産されている。

 

このアリ地獄から脱出する方法。

 

それは、冠詞のような、日本語とは大きく異なる概念を確実に理解できる方法を開発することである。

 

それにはまず、冠詞のような深い概念をきちんと解明する学問的成果が必要だが、<社会的概念による個人的認識の表現>という観点を欠いているいまの言語学に、それは期待できない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 日本に英語はない | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3733
#誰が書いてるの?
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック