ごきげんようチャンネル

 魚、水を行くに、行けども際なし  道元『正法眼蔵』



<< 人間と社会の研究は、なぜ遅れているか おわり | main | ものごとは、三つに分けて実行するといい  >>
旧日本軍の行為は、重犯罪である

今日、学生に、中国・海南島での日本海軍の「三光作戦」が戦争犯罪にあたるかどうか、なにを基準に戦争犯罪を考えればいいかを話した。

 

要は、刑法の概念がひとつの参考になるということである。

 

一般に犯罪では、故意intent と過失negligence を区別する。たとえば、故意殺か過失致死か。どちらであるかによって罪名も異なり、量刑もちがってくる。

 

結果は同じく「人の死亡」でも、故意と過失で大きなちがいがあるのは、人間社会の規範が「意志」を本質とすることの証左である。

 

さて、故意と過失の中間的なカテゴリーに、「未必の故意 willful negligence」というのがある。「自分は行為の対象を間違えているかもしれない。あるいは、これをしたら意図したこと以上の結果が生じるかもしれない。しかし、それでもかまわない」と思って実行行為を行う場合であり、危険を認識しながら、それを認容して行為しているので、一般に故意の一種とみなされている。

 

また、「業務上過失 professional negligence」というカテゴリーもある。「業務」とは、社会生活で反復・継続しておこなう活動をさし、高い注意義務が要求される。したがって、業務上の過失、まして業務上の故意による犯罪は、一般の場合よりも重く罰せられることがある。これも、「まあ、いいか」「このさい、やってやれ」といった怠慢または傲慢な「意志」が、注意義務の高さにてらして社会的に問題視される例である。仕事上の職務のほか、自動車の運転や銃刀の所持・使用など、危険をともなう活動は、典型的な「業務」である。

 

では、日本軍の海外での行為の一部は、どう評価できるか。

 

敵兵かどうか判然としない、無抵抗の者を殺傷する兵士の行為は、<未必の故意による業務上の実行行為>であり、刑法の概念からいえば、重い犯罪である。食料の強奪、放火、強姦が、兵士としてであろうが個人としてであろうが、故意による重大な犯罪であることはいうまでもない。

 

こうした行為が明文の戦時国際法に違反するかどうか。それは別の考察が必要になるが、刑法の概念からみれば、こうした日本軍の行為は明確に犯罪を構成するといえるだろう。

 

こうした犯罪行為は、個々の兵士が個々に行ったケースもあるが、その場合も、「業務」として武器をもっている兵士の行為を適切に管理せず、日本兵による犯罪の犠牲者を大量に生んだ日本軍当局には、「未必の故意」をふくむ「業務上」の重大な責任があるといえる。

 

人間の社会行為においては、行為の結果とともに、行為者の業務上の注意義務の有無や、行為の際の意志の内容が重視されること、結果および意志の内容からみて、日本軍と日本兵の行為は重犯罪とみなせること。

 

このように、結果だけでなく、個人および組織の怠慢ないし傲慢な「意志」に注目した歴史の認識の仕方が可能だし、今日、これは一般的にも受け入れられる考え方だろうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 靖国神社 | 06:06 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
社会生活を営む人は、単に個人の意志、いわゆる個人幻想だけではなく、それを媒介する国家意志、支配意志、つまり共同幻想との立体的構造、過程的構造に支えられています。

 それはまた、国家の歴史認識からも媒介されており、皇国史観としての大和朝廷一元史観がその根底にあります。この共同幻想を支えている記紀神話の歴史事実を解明したのが古田武彦の『盗まれた神話―記紀の秘密』です。これは、いまだに津田左右吉の戦前記紀造作説に呪縛された、戦後古代史学のパラダイムを超えるものです。

 さらに、ペリー来航に象徴されるアメリカ、西欧の世界征服願望、キリスト教単性社会の欺瞞を明らかにしています。

 これらの、世界の立体的、重層的な過程的構造をヘーゲルの絶対精神一元論から唯物弁証法による物質一元論の論理により認識論、意志論へと展開した三浦つとむの業績を基に新たなパラダイムへと超克するところに戦後レジュームの克服が目指されなければならないと感じています。■
| YAGURUMA"剣之助" | 2017/05/14 4:17 PM |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3717
#誰が書いてるの?
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
  • 英語を演奏する技術
    みうら (10/17)
  • 英語を演奏する技術
    月研ぎ (10/17)
  • 仏教は宇宙の創始や終焉をあまり考えない、古代の無限縁起の世界観
    みうら (10/16)
  • 仏教は宇宙の創始や終焉をあまり考えない、古代の無限縁起の世界観
    稲妻捕り (10/16)
  • 生きてるほうが珍しい  人間と宇宙、空と無の連関について
    みうら (10/16)
  • 生きてるほうが珍しい  人間と宇宙、空と無の連関について
    稲妻捕り (10/15)
  • 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ
    みうら (10/14)
  • 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ
    職人 (10/13)
  • 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ
    みうら (10/13)
  • 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ
    職人 (10/13)
#トラックバック