ごきげんようチャンネル

科学とは、正確に驚くことである。 Y.M.
           

<< ていねいに捨てる・ていねいに生きる | main | 人間と社会の研究は、なぜ遅れているか その3 >>
人間と社会の研究は、なぜ遅れているか その2

それはそうだとして、気をつけておいたほうがいいことがある。

 

ひとつは、足、胴体、頭という目に見えるものは、目に見えない本質をもつということである。その本質が目に見えて現れたのが、足、胴体、頭である。

 

足(身体・経済)の本質は価値、胴体(生活・組織)の本質は意志、頭(観念・表現)の本質は意味である。

 

価値・意志・意味は、足・胴体・頭がつくるものであるが、同時に、価値・意志・意味という目にみえない本質が、足・胴体・頭のあり方を規定している。

 

 

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 


 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | よみがえる史的唯物論 | 04:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3714
#誰が書いてるの?
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック