ごきげんようチャンネル

 魚、水を行くに、行けども際なし  道元『正法眼蔵』



<< ていねいに捨てる・ていねいに生きる | main | 人間と社会の研究は、なぜ遅れているか その3 >>
人間と社会の研究は、なぜ遅れているか その1

人間と社会は、三つの層からなる。

 

物質、社会、観念、である。

 

人間が食べたり運動したりして自分の身体を成長させ、維持するのが人間の物質面。社会では、これが経済である。

 

人間が他人と交わって社会生活を送るのが社会面。これが家族、学校、同好会、自治会、会社、政党、国家のような社会となる。

 

人間が自分の心を養い、それを表現するのが観念の面。これは社会的には、日常の身のこなし、ファッション、持ち物、会話、あいさつ、演説、説明、芸術などとして現象する。

 

人体になぞらえるなら、物質は足、社会は胴体、観念は頭。

 

どれが欠けても人間と社会は成り立たないし、下のほうからこの順につながっていて、他の順序にはならない。

 

 

 

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 


 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 04:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3713
#誰が書いてるの?
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
  • 英語を演奏する技術
    みうら (10/17)
  • 英語を演奏する技術
    月研ぎ (10/17)
  • 仏教は宇宙の創始や終焉をあまり考えない、古代の無限縁起の世界観
    みうら (10/16)
  • 仏教は宇宙の創始や終焉をあまり考えない、古代の無限縁起の世界観
    稲妻捕り (10/16)
  • 生きてるほうが珍しい  人間と宇宙、空と無の連関について
    みうら (10/16)
  • 生きてるほうが珍しい  人間と宇宙、空と無の連関について
    稲妻捕り (10/15)
  • 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ
    みうら (10/14)
  • 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ
    職人 (10/13)
  • 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ
    みうら (10/13)
  • 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ
    職人 (10/13)
#トラックバック