ごきげんようチャンネル



Smile, what's the use of crying?

You'll find that life is still worthwhile

If you just smile


<< 真実とは、意志に宿る希望である | main | 人間と社会の研究は、なぜ遅れているか その1 >>
ていねいに捨てる・ていねいに生きる

今日、靴を一足捨てた。まだ新しく、かなり高価でもあった靴を捨てた。

 

しばらく履いていると小指が痛くなる靴だった。

 

買うとき、もっと慎重に考えればよかったのに、もっと安いのでもよかったのに…

 

そういう思いと一緒に捨てることにした。

 

靴に一礼して、別れを告げた。

 

物はていねいに捨てる。

 

物といっしょに、自分もていねいに捨てる。

 

それがていねいに生きるということかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 60代の気持ち | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3711
#誰が書いてるの?
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック