ごきげんようチャンネル

 魚、水を行くに、行けども際なし  道元『正法眼蔵』



<< なぜか今夜は「港町ブルース」 こういうのが好きなのだ | main | 日本語に訳しても、英語は永遠にわからない。 その1 >>
<わかるとは、訳せることだ>という学生の思い込みについて 

非常勤で、週一回、英語の文法を教えている。大学2、3年生数十人。

 

先日、質問はないかと学生に聞くと、「ここの文の訳し方がわからない」という。私の授業では、英文を「訳す」作業はとくにしない。意味が説明できれば、それで良しとしている。とりわけ、これは文法の時間なので、「訳し方」の練習は趣旨が違うと思い、私は「なるほどね…」と言っただけだった。

 

そして、授業のあとで気がついた。

 

学生が「訳し方がわからない」と言ったのは、「文の意味がわからない」という意味ではなかったか?

 

<日本語に訳せる=英語がわかる>という等式が、かなりの日本人の感覚にあるらしい。そのことを思い出して、合点がいったのだ。私のクラスの学生は、「意味がわからない」というかわりに、「訳し方がわからない」と言ったのだ。

 

私もかつて、これに似た事情をかかえていた。学会などで英語を聞いているとき、聞いた英語を字幕のように文字に変換して、それを「読む」という感覚が消えず、その面倒さに閉口していた。

 

私の場合、<訳す=わかる>という感覚はなくなっていたが、<聞く=読む>という感覚が残っていたわけだ。

 

<訳す=わかる>は、幼児段階を終えて母語を確立した人が他言語を習得しはじめるとき、便利なやリ方である。ところが、この方法をつづけてしまうと、これがのちに大きな障害へと転化する。英語を聞くときも話すときも読むときも書くときも、すべて日本語を経由しなければならないからだ。

 

こういう人も、"Thank you." のような簡単な言葉をいちいち日本語に「訳す」ことはしていないだろう。<わかるとは、訳すことだ>というのは一種の錯覚であることが、この事実に暗示されている。

 

<英語がわかる>とは、<日本語に訳せる>こととイコールではない。日本語に訳せてもいいが、べつに訳せなくても、英語が聞けたり話せたり読めたり書けること。それが<英語ができる>ということである。げんに、英語で暮らしている人たちの多くは、日本語など他言語を知らないが、<英語ができる>人たちである。

 

英語は英語の規範(ルール)によって作られており、それは日本語の規範とは別物である。これは誰でもわかる。むしろ興味を呼ぶのは、<訳せばわかる>にはじまって、<わかるとは、訳すことだ>という思い込みにまでエスカレートさせる、社会的な仕組みがあるらしいことである。

 

さて、<わかる=訳す>の世界にいるらしい学生に、今度の授業で私はなんと言えばいいのか…

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 日本に英語はない | 06:10 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
「わかる」について

ごぶさたしております。

「わかる」とはどういうことか、について今井幹夫『非常識の日本語―三浦つとむ認識論による日本語解明―』で概略次のようなことを記しています。

「知る」と「分かる」の使い方の相違
 「知る」は相手がその知識・情報があるかないかを聞いているのに対し、「わかる」は対象を理解し、答えをだすような使いかたとしています。

 「わかる」は、いわゆる五感を通しての認識行為ですが、どういうわかり方をするのかについて、津田道夫『実践的認識論』により、

  A 直観  B 表象  C 概念

による認識に区分し、それぞれわかり方に一長一短があることを指摘しています。

 日本語教育について、「日本語だけで教えるのも、翻訳を使って教えるのも使うときも両方とも概念ですから注意が必要です。特に翻訳すればわかるというのはまちがいです。もちろん、日本語だけ使えばいいというわけでもありません。言語教育はわからせるだけではなく覚えさせて、使わせなければならないからです。
 この分野は今後もっと研究されるべきだと思います。」

 と結ばれています。ご参考まで。■
| YAGURUMA"剣之助" | 2017/04/29 12:05 PM |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3698
#誰が書いてるの?
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
  • 日本人は英語がうまい? マーク・ピーターセン氏の優しさ
    みうら (10/18)
  • 日本人は英語がうまい? マーク・ピーターセン氏の優しさ
    月研ぎ (10/18)
  • 日本人は英語がうまい? マーク・ピーターセン氏の優しさ
    みうら (10/18)
  • 日本人は英語がうまい? マーク・ピーターセン氏の優しさ
    月研ぎ (10/18)
  • 日本人は英語がうまい? マーク・ピーターセン氏の優しさ
    みうら (10/18)
  • 日本人は英語がうまい? マーク・ピーターセン氏の優しさ
    月研ぎ (10/18)
  • 英語を演奏する技術
    みうら (10/17)
  • 英語を演奏する技術
    月研ぎ (10/17)
  • 仏教は宇宙の創始や終焉をあまり考えない、古代の無限縁起の世界観
    みうら (10/16)
  • 仏教は宇宙の創始や終焉をあまり考えない、古代の無限縁起の世界観
    稲妻捕り (10/16)
#トラックバック