ごきげんようチャンネル

Life is for those who have a hope.

Action is of those who embrace a yearning.

History is made by life and action, hope and yearning.


<< 「捨てる」と「自由」にフォーカスできる  | main | 新学期の疲れについて >>
「生涯現役」なんて、やってはいけません。

人の一生は、終わりをみずからしめくくるのが良いと思う。

 

自分の意志で、終わりをしめくくるのだ。

 

聞いた話だが、最近86歳の男性が亡くなって、葬儀があった。

 

そのとき、その人の最後のころを知っている人が、

 

「数ヶ月前、息子さんに先立たれてから、20キロやせてしまった。それまではとても元気な人だった。どうやら、自分の人生をこれでしめくくろうとしたのではないか」

 

と語っていたという。

 

私はこの話を聞いて、痛ましい感じがしたが、ありうることだとも思った。この人は、自分の意志で終わりをしめくくったのだろう。

 

そういう終わらせ方もある。

 

「生涯現役」とかいうけれど、べつにそうでなければならないということもない。生涯現役でいられると、かえって周囲が困る場合もある。

 

自分の生涯が、自分流に完成していればいいのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 60代の気持ち | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3690
#誰が書いてるの?
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック