ごきげんようチャンネル

 魚、水を行くに、行けども際なし  道元『正法眼蔵』



<< ルネサンスはいつからいつまでか 1500年をピークとする前後300年間 | main | ゴシック建築と英語の構造  その1 >>
近代の日本語研究は欧米人が先導した
朴孝庚「明治前期の文末表現について 西洋人の著作を中心に」(『立教大学大学院日本文学論叢』第9号、2009年8月)



これを読んで、日本語論の歴史について、ひとつ気づかされたことがある。

日本語にかんする語学的研究は外国人が先導した、という事実である。



第一の波は、1600年ごろ、キリシタン宣教師による日本語研究である。『日葡辞書』1603年、『日本大文典』1604年、『日本小文典』1620年。209頁


第二の波は、19世紀の半ばから後半、フランス、オランダ、イギリス、アメリカの人々による日本語研究である。欧州で日本語の文法論が出版されるほか、来日した欧米人によって日本語文典(会話例集)や文法論が出版されるようになる。210頁


主なものを挙げると、



1857年 クルチウス『日本文法試論』(ライデン刊)
1863年 オールコック Familiar dialogues in Japanese
     ブラウン Colloquial Japanese
1867年 ヘボン『和英語林集成』(上海刊)
1873年 サトウ Kuaiwa hen 
1888年 チェンバレン A Handbook of Colloquial Japanese




西洋人によるこうした著作を追うようにして、日本人による本格的な日本語研究が出版される。



1881年 井上哲次郎『哲学字彙』
1882年 大槻文彦『言海』初稿(初版1889年)
1886年 末松謙澄『日本文章論』
1897年 大槻文彦『広日本文典』
1901年 松下大三郎『日本俗語文典』



朴論文は、「日本人学者による本格的な研究の成果は明治30年代に入ってから続々発表された」「西洋人の日本語研究は、近代的な日本語研究が本格的に始まる過程で大きな影響を与えた」と述べている。210頁



むろん、江戸時代にも日本人による日本語研究はあったのだが、日本人による「近代的な日本語研究」は、外国人による日本語研究を参考にしながら始まったと言ってよさそうだ。

日本人は、自国語の研究を外国人に先導してもらったのである。

これは面白い現象だ。

この例からいうと、たとえば英語の研究を、英語を母語としない者が先導することもありうるのかもしれない。(じっさい、デンマーク人の英語学者、イエスペルセン1860-1943 の例もある)

方法が斬新で、権威・見本として受け入れる余地がある場合、外国人の研究が自国語研究において主導的な役割を果たすこともありうる。



このような、近代における日本語研究の経緯は、弊害ももたらしたであろう。外国人による日本語の会話用例集や語彙集を参考にして、日本人による日本語研究が近代化したことは、日本の言語研究が西洋言語学の欠陥までも輸入する素地をつくったはずである。




漢文訓読の伝統と、西洋人の著作による言語研究の先導。このふたつがもたらした影響は、その後も長く日本の言語研究と言語教育を規定したと思われる。









 
| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 言語 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3676
#誰が書いてるの?
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
  • 英語を演奏する技術
    みうら (10/17)
  • 英語を演奏する技術
    月研ぎ (10/17)
  • 仏教は宇宙の創始や終焉をあまり考えない、古代の無限縁起の世界観
    みうら (10/16)
  • 仏教は宇宙の創始や終焉をあまり考えない、古代の無限縁起の世界観
    稲妻捕り (10/16)
  • 生きてるほうが珍しい  人間と宇宙、空と無の連関について
    みうら (10/16)
  • 生きてるほうが珍しい  人間と宇宙、空と無の連関について
    稲妻捕り (10/15)
  • 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ
    みうら (10/14)
  • 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ
    職人 (10/13)
  • 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ
    みうら (10/13)
  • 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ
    職人 (10/13)
#トラックバック