ごきげんようチャンネル



Smile, what's the use of crying?

You'll find that life is still worthwhile

If you just smile


<< 赤ちゃん命名法 日本とアメリカの共通点 | main | 意志を残して去るために >>
近代の日本語研究は欧米人が先導した

日本語研究の歴史を見ると、その方法は外国人が先導した面がある。(以下、朴孝庚「明治前期の文末表現について 西洋人の著作を中心に」『立教大学大学院日本文学論叢』第9号、2009年8月、から)


第一の波は、1600年ごろ、キリシタン宣教師による日本語研究である。『日葡辞書』1603年、『日本大文典』1604年、『日本小文典』1620年。209頁


第二の波は、19世紀の半ばから後半、フランス、オランダ、イギリス、アメリカの人々による日本語研究である。欧州で日本語の文法論が出版されるほか、来日した欧米人によって日本語文典(会話例集)や文法論が出版された。210頁


主なものを挙げると、



1857年 クルチウス『日本文法試論』(ライデン刊)
1863年 オールコック Familiar dialogues in Japanese
     ブラウン Colloquial Japanese
1867年 ヘボン『和英語林集成』(上海刊)
1873年 サトウ Kuaiwa hen 
1888年 チェンバレン A Handbook of Colloquial Japanese




西洋人によるこうした著作を追うようにして、日本人による本格的な日本語研究が出版される。



1881年 井上哲次郎『哲学字彙』
1882年 大槻文彦『言海』初稿(初版1889年)
1886年 末松謙澄『日本文章論』
1897年 大槻文彦『広日本文典』
1901年 松下大三郎『日本俗語文典』
 

 

むろん、江戸時代にも日本人による日本語研究はあったが、こうした経緯を見ると、「西洋人の日本語研究は、近代的な日本語研究が本格的に始まる過程で大きな影響を与えた」と言える。210頁

日本人は、自国語の研究を外国人、それも中国人やロシア人ではなく、英米人に先導してもらったのである。

これは面白い現象だ。外国人による研究を権威・見本として受け入れる心理がある場合、それが自国語研究を先導することもありうる。たとえば英語の研究を、英語を母語としない者が先導することもありうる(じっさい、デンマーク人の英語学者、イエスペルセン1860-1943 の例もある)。


近代日本語研究のこのような経緯は、弊害ももたらしたであろう。外国人による日本語の会話用例集や語彙集を参考にして、日本人による日本語研究が近代化したことは、日本の言語研究が西洋言語学の欠陥(たとえば、表現体を媒介とした概念と認識の癒着に無自覚であること)までも輸入する素地をつくったはずである。



後ろからは漢文訓読の伝統、横からは西洋流の言語研究の作法。

 

このふたつがもたらした影響は、その後も長く日本の言語研究と言語教育を規定したと思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 日本に英語はない | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3676
#誰が書いてるの?
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック