ごきげんようチャンネル

Life is for those who have a hope.

Action is of those who embrace a yearning.

History is made by life and action, hope and yearning.


<< 「影」としての言語 おわり | main | ブッダ 二重の発見者 その1 >>
はたらく・働く・はたラク 
久保田淳ほか『人生をひもとく 日本の古典第二巻 はたらく』(岩波書店、2013年)の「まえがき」に、「はたらく」という言葉について解説がある。

そこに、二つ意外なことがあった。



ひとつは、「働く」という漢字が、中世につくられた日本製の国字だということ。vi頁。

国字というと、峠や辻がよく例にあがるが、「働」の字が日本製だとは、私は気づかなかった。



もうひとつは、「はたらく」という言葉じたい、ごく古い時代には存在しなかったらしいということ。vi頁。

労働にかかわる言葉として、「追う」「釣る」「織る」「作る」などはあるが、「はたらく」は、時代がすすむまで「見当たらない」のだと。

筆者の久保田氏は、


「多岐にわたる労働を一括して『はたらく』と捉える考え方は、上代もかなり下るまで生じにくかったのであろうか。」vi頁


と書いている。

ちなみに、『岩波古語辞典』には、「はたらく」の項はあるが、語源については解説がない。比較的新しい言葉であるために、語源が論じにくいのかもしれない。



たぶん、「はたらく」が比較的新しい言葉であることと、「働く」の字が国字であることは、なにか関係があるのだろう。









個々の労働を総括する「はたらく」という言葉は、ごく古いころの記録にはない。

これは、私にとって興味深い。

平安時代にはいってから、労働関連の概念を総括する多義語(一般的等価形態)である「はたらく」ができたのである。

それは、種々の具体的有用労働の違いを超えて、単一の人間的抽象労働の概念に上流階級が到達した瞬間であったのだろう。




言語についても、同じようなことを考えてみる価値があるかもしれない。

そう思って、ふたたび『岩波古語辞典』をみると、「語る」「告ぐ」「宣(の)る」「言ふ」「話す」といった語はのっているが、それぞれ違う語義であり、これらを一括する言葉(一般的等価形態)は見当たらないようだ。

しいていうなら、労働が「ものづくり」なら、言語は「ものがたり」「ものがたる」なのだとすれば、少しは辻褄があうのかもしれない。





日本人は、労働については一般的等価形態となる概念(「はたらく」)に到達しているが、言語についてはいまだに一般的等価形態となる概念を見出していないということなのかもしれない。











 
| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の文法 トランス・グラマー | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3660
#誰が書いてるの?
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック