ごきげんようチャンネル


"Obama got in, and he is the pawn of globalized interest." Naomi Wolf



<< 「影」としての言語 その2 | main | 「影」としての言語 おわり >>
「影」としての言語 その3
古代において、目に見えない神は、一瞬、影としてこの世に姿を現した。

昔も今も、目に見えない私たちの心は、一瞬、声としてこの世に姿を表す。


そして消えゆく八幡神を昔の人が図像にとどめたように(仁和寺・八幡神影向(えいごう)図)、私たちは消えゆく自分の心を文字という描線にとどめる。


言語の発生は、神の顕現と同じ構造なのである。




神や心は、もともとかたちがない。だからその影の形態はどのようにでもありうる。

音声・文字の異なる数千の言語が存在し、日々あたらしい言葉がつくられるのは、言語が心の影だからである。

言語は心の影であるから、変幻自在である。だから同じ認識がちがう表現になったり、ちがう認識が同じ表現になったりもする。








(つづく)








 
| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | トランスグラマー 希望の文法へ | 05:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3658
#誰が書いてるの?
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック